MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

パチンコホーム > パチンコ > WAVE攻略理論

一撃でドっと出る

「CRレーザーシャトル」 藤商事

「CRレーザーシャトル」

 液晶が全盛のパチンコ界において昔懐かしのドット画面の台は貴重。今週はそんなレトロっぽくもありながらどこか新しい『CRレーザーシャトル』(藤商事)をご紹介。

【多彩な演出】

 昔からのパチンコファンには懐かしく、そして若い世代にとっては逆に新鮮に見えるドット機。液晶ではないため、演出は単調だと思われがちだがそんなことはない。

 まず予告だが、出現する文字によってアツいパターンもある「メールボタン予告」や中から何が出現するかで期待度が変化する「タマゴボタン予告」、大爆発すると信頼度アップの「爆裂予告」をはじめ、種類は多い。

 なかでも激アツなのはチャンスモード「SOSモード」や確変ゾーン「スパースプラッシュタイム」への突入、そして直撃大当たりの可能性もある「シャッター連打チャンス」。また、これに似た押しボタン演出の「扉ドット予告」も赤扉や日の丸柄なら期待度UPだ。

【確変ゾーンで大当たり引きまくれ】

 さらに普段はドット画面の奥に隠れている「3連ミニパト役物」は連続して出現するほど信頼度は上がり、レインボーに光れば大当たり確定。液晶の下にある「デカパトランプ役物」は光った場合は一発告知で光れば100%大当たりだ。

 このほか、LEDランプによる「LEDステップアップ予告」やチャッカーへの入賞音がいつも違えば期待増の「入賞音予告」などドット以外の演出も充実している。

 リーチでは鉄板の「ビッグバン全回転リーチ」以外では、「ドット可動クラッシュリーチ」、「ブラストリーチ」、「ロックオンリーチ」、「マシンガンリーチ」が期待できる。

 また、リーチではないがドットが上下に2分割され、ダブルリーチになる「Wランクアップシステム」が作動すれば激アツ。チャンスは2倍だ。

 ところで、ゲーム性についてだがこの台は2つのスペックがあり、どちらもMAXタイプ。いずれも確変突入率100%ながら継続回数の上限が『ゴールド』が55回、『シルバー』が80回と異なる。ただし、その分、出玉にも若干の違いがあり、トータル的には両者にそれほど大きな差はない。大当たり後の確変ゾーンでテンポよく次の当たりを引ければ10連や15連クラスの連チャンもあり、ラウンド抽選に左右される部分はあるものの一撃でドル箱山積みも狙える。

 「たまには液晶以外の台でも」と思っている人にはぜひオススメだ。

パチンコ

成人向け