MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

パチンコホーム > パチンコ > WAVE攻略理論

燃える燃えるゾバトル尽くし

「CR GAMERA THE BATTLE PACHINKO」 サミー

「CR GAMERA THE BATTLE PACHINKO」

 「バトル演出」といえば、パチンコを盛り上げる今の台には欠かせない演出。今週の『CR GAMERA THE BATTLE PACHINKO』(サミー)はまさにバトル尽くしの新台だ。そこで、ホール導入された本機種の演出の数々をご紹介。

【「最終防衛モード」引き戻せば16R!!】

 この台の主役は言わずと知れた特撮怪獣のヒーロー、ガメラ。スペックはバトル演出と相性がいいMAX仕様で大当たり以降の演出が特徴的だ。

 まず、大当たりには16Rと10Rと2つがあり、16Rなら事実上の確変モード「爆闘モード」に突入する。同モード中は敵怪獣を倒せばすべて16R大当たり。一方、バトルタイプにしては珍しく敗れた場合でも出玉が保障され、「Gamera Battle Chance(GBC)」と呼ばれる10R大当たりになる(初当たりがGBCというケースも多い)。

 ここではラウンド中、ガメラと敵怪獣レギオンとバトルが展開。これに勝てば爆闘モード突入が確定し、ガメラが敗北、もしくは敵怪獣に逃亡されると時短モードに相当にする「最終防衛戦モード」に移行する。しかし、ここで大当たりを引き戻すことが多く、それもすべて16Rとなるので最後まであきらめてはいけない。また、最終防衛戦モードの77回転以内に大当たりが来なくても終了後に爆闘モードに突入なんてパターンもあるようだ。

 そのほか、通常モードから突入するミッションモードの「祈願ゾーン」や「追跡ゾーン」があり、失敗してもそれぞれ「復活モード」「司令室モード」に発展。いずれも確変が潜伏している可能性があり、「覚醒モード」になれば確変濃厚だ。

【「昭和」より「平成」のほうがアツい】

 また、リーチについてはそのほとんどがバトル系。出現する怪獣によって期待度は異なるが、昭和シリーズ登場したジグラやギロンなどの怪獣よりも平成シリーズの怪獣のほうがアツい。

 突入契機は液晶上部にあるガメラ役物の火球放出で、「Vsギャオス」と「Vsレギオン」、「Vsイリス」があり、すべて実写になっている。なかでもイリス出現なら激アツだ。

 とにかくガメラと戦いまくるので、「普通のバトルスペック機では満足できない」という人にはいいかも。そうでない人も8月上旬からの導入なのでお盆休みにひと勝負する台にはオススメだ。

パチンコ

成人向け