ぴいぷる

【襟川恵子】ゲームで女性応援!もっと輝いて!

2011.11.23


コーエーテクモホールディングス、襟川恵子取締役名誉会長  【拡大】

 「ものを作るのが本当に大好きなの」と言いながら見せる笑顔は、まるで少女のよう。ゲーム業界にその名をとどろかせる「スゴ腕経営者」という評価との大きなギャップを感じる。

 歴史シミュレーションゲームの金字塔「信長の野望」シリーズの生みの親である襟川陽一 コーエーテクモホールディングス社長の妻として、創業以来、会社を支え続けている。創業時は「主人が精魂込めて作ったものを安売りしたくない」と自ら営業を引き受け、全国を駆け回った。あの孫正義ソフトバンク社長を相手に、卸値交渉で一歩も譲らなかったという逸話は、いまや業界の語り草だ。

 そんな恵子さんが、大好きな“ものづくり”に真正面から取り組んだのが、24日に発売される女性向けゲームソフト「ファブスタイル」(ニンテンドーDS・3DS用)だ。

 「おしゃれも、仕事も、恋だって。私って欲ばりかな?」がゲームのテーマ。実生活でこのすべてをかなえている恵子さんが作るのだから、当然すべてがファビュラス(最高)な内容になっている。

 主人公は姉からアパレルショップの経営を受け継ぐが、経営に関してはド素人。その主人公の前に、さまざまなイケメンのビジネスエリートたちが現れて助けてくれる。ビジネス版シンデレラストーリーだ。

 「夢をかなえたい若い女性の皆さんを応援したくて、このゲームを作りました。知り合いの女性のビジネス相談にもよく乗るんですが、あまりにも商売の基本をご存じなかったりする。たとえば、内装にすごくお金をかけて、それに見合った収益をあげられるとはとても思えなかったり、在庫が多すぎたりとかね。このゲームでは、楽しく遊んでいるうちに小売りの仕組みがわかります。お店を持ちたいと思っている方のお役にも立つと思います」

 それ以前に気になるのが、日本における女性の社会進出の状況だ。

 「海外に出かけると、外国人の女性がビジネスシーンで華々しく活躍しています。でも日本では、どんなに優秀な女性も『私は縁の下の力持ちでいい』といって引っ込んでしまう。これは本当にもったいないことだし、大変残念に思います。ちょっと勇気を出して一歩を踏み出してほしい。日本の社会で活躍できる女性がもっと増えてくれたら最高、まさに“ファビュラス”です。ステキな女性がキラキラと輝いて活躍すると、日本はもっと元気になるし、世の中を豊かにできます。そういう思いもこのゲームには込めています」

 私生活ではふたりの娘を育て上げた。「長女は私の仕事に的確なアドバイスをくれます。けっこう手厳しいですけど、ありがたい存在ですね。次女は結婚して孫を産んでくれたんですけど、これがもうかわいくって。娘に見つからないようにチョコレートを口に入れるんですけど、茶色いよだれですぐバレて『もう、実家に連れてこないッ』って怒られちゃう」

 「これからもずっとずっと、ものを作っていたい」と語る恵子さんのひそかな願いは「お人形をつくること」だという。

 「都内にある(人形作りの)教室に通いたくて主人に言ったら、『ヒマになったらやれば』ですって。どこまで、私をこき使う気なのかしらねー」

 そう言いつつ見せた表情は、いつの間にか経営者の顔に戻っていた。

(ペン・石島照代 カメラ・伴龍二)   

 ■えりかわ・けいこ 1949年1月3日生まれ、62歳。横浜市出身。71年、多摩美術大学デザイン学部卒業後、襟川陽一氏と結婚。78年、陽一氏が栃木県足利市の自宅兼事務所に光栄(現コーエーテクモゲームス)を設立。同社の専務に就任。陽一氏が作ったパソコン用ゲームソフト「川中島の合戦」や「信長の野望」が大ヒットし、近所の主婦と一緒に全国から山のように送られてきた現金書留封筒と格闘する日々を送る。84年、本社を横浜市に移転。99年、社長就任。2006年、ファウンダー取締役名誉会長就任。09年、コーエーとテクモの経営統合に伴い、コーエーテクモホールディングスが誕生し、現職。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

フィリピン人講師とスカイプを使って、1対1のオンライン英会話レッスン。毎日受講しても月5000円です。

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!