ぴいぷる

【A.B.C−Z】ジャニーズ舞台はスーパー歌舞伎のよう!

2012.02.28

 ムムムッ、デキる。5人そろっての集合写真。カメラマンの求めに応じ、すぐさま表情を変えていく。瞬時の間に。凝視しなければわからないが、次々に違う顔をつくりあげる。オーバーな表現をすれば、1000の顔をもつ青年たちだ。

 目の前の5人は、ただのアイドルではなかった。4日から東京・日生劇場で行われている旗揚げされたばかりのABC座は、連日大入り満員を続け、29日の千秋楽が迫っている。

 星(スター)劇場で、生まれて初めてジャニーズの舞台を見た。率直な感想は、面白い。まるで市川猿之助のスーパー歌舞伎を見ているかのよう。3Dを思わせるように、5人が客席にも飛び出してくる。あっという間の3時間だった。

 特に感心したのが第1部のミュージカル「We are the Five Stars!」のハイライト。5人が直径4メートルもある星に乗って回るスペクタクルシーンだ。これが、すごい。そして、素朴な疑問が浮かんだ。一体なぜ、目が回らないのだろうか。

 塚田「流れに身を任せ、一点を見つめている」

 戸塚「目が回るというより、照明が当たっていると、回っている自分に酔います」

 河合「スポットライトで輝けば、モチベーションが上がります」

 橋本「本番だけでは物足りなくなってきました」

 五関「次から次へと、やらなくてはいけないことの連続。目を回しているヒマはありません」

 いずれも、「体力には絶対の自信をもっている」という。話を聞きながら頭をよぎったのは、私立探偵フィリップ・マーロウの代名詞ともいうべき『しっかりしていなかったら、生きていられない。やさしくなれなかったら、生きている資格がない』

 5人はオーディションを通ってなお、厳しい競争が続いた。メジャーデビューできるのは一握りという状況で、ようやく主役に。まさにファイブスターとなった。

 ≪☆☆☆☆☆のヒーローとは≫

 塚田「父の影響で、ジャッキー・チェン。CGに頼らない演技をしている。自分の体ひとつで表現するところ。いろいろな人にエネルギーを届けたい」

 戸塚「父とジョニー・デップ。特に、ジョニーは生きざまがロックだし、ピュアな面を失わないことが素晴らしい」

 河合「松田優作さん。あこがれの部分ばかりですけど、身長が高いところ。それから、独特のオーラがあるところ」

 橋本「ジャニー(喜多川)さん。社長がいるから、ぼくたちがいる。感謝のひとことです」

 五関「社長は当然ですけど、リハーサルから本番を間近で見ていて、(他の4人の)メンバーがそう思えます」

 質問をすると、相手の目を見ながら答える。トークがユニークで、しかも個性にあふれている。もし、自分が企業の社員採用の面接官だったら、この5人は間違いなく採用だ。では、仮にサラリーマンを目指すとしたら−。

 ≪☆☆☆☆☆のサラリーマン≫

 塚田「心に余裕を持てる人。自分のやりたいことなどを、一歩引いた状況で見られる人」

 戸塚「常に頑張るといえる仕事ができる人。与えられた環境で、最大の向上心を持ち続ける人です」

 河合「毎日、きっちりと区切りをつける人が理想だと思う。アフター5で思いっきり楽しんでも、次の日にバリバリと仕事をする人でしょう」

 橋本「簡単に言うと、クレヨンしんちゃんの野原ひろし。家族と仕事をこよなく大切にする人であることが魅力」

 五関「切り替えとか、メリハリがきっちりとわかる人。だらだらとやるのは、効率も見た目もよくありません」

 気さくで地に足がついている。A.B.C−Zは無限の可能性を秘めているユニットだった。帰り際、メンバーの1人が、「どうですか。6人目のメンバーに?」。ジョークとわかっていても、心の中で「あと20歳、若かったら…」と舌打ちしている自分に、思わず赤面してしまった。(ペン・やなぎ喬 カメラ・小野淳一)

五関晃一(ごせき・こういち) 1985年6月17日生まれ、26歳。東京都出身。
河合郁人(かわい・ふみと) 1987年10月20日生まれ、24歳。東京都出身。
橋本良亮(はしもと・りょうすけ) 1993年7月15日生まれ、18歳。千葉県出身。
戸塚祥太(とつか・しょうた) 1986年11月13日生まれ、25歳。東京都出身。
塚田僚一(つかだ・りょういち) 1986年12月10日生まれ、25歳。神奈川県出身

     ◇ 

 2012年2月1日、ジャニーズ初となるDVD「Za ABC〜5stars〜」でメジャーデビュー。グループ名は、「Acrobat Boys Club」の略に−Zを加えたもの。Zはズィーと発音する。

     ◇ 

 「ABC座 星劇場」 29日まで東京・日生劇場▽3月5、6、7日:NHK大阪ホール▽4月3日:仙台サンプラザホール▽4月17日:名古屋国際会議場センチュリーホール▽4月21日:広島・ALSOKホール▽4月26日:福岡サンパレス▽5月5日:札幌・ニトリ文化ホール

 

注目情報(PR)