ぴいぷる

【逢坂剛】スペインの旅が後の作家活動に影響 職場にはフラメンコギターも

2013.02.15


逢坂剛【拡大】

 「映画は好きですが、映像と活字はまったく別物、タイトルが変更されようと、ストーリー展開が違おうと構いません」

 初期の作品「都会の野獣」(文芸春秋刊「情状鑑定人」に収録)が、「ナイトピープル」というタイトルで映画化され、公開された。ワケありのヒロインに、カンヌなど海外の映画祭でも注目を浴びた佐藤江梨子(31)、バー「ナイトピープル」の経営者に北村一樹(43)、刑事に杉本哲太(47)という演技派が配され、ライアーゲーム、だまし合いともいえるストーリーを彩った。

 「スタイルが良くて美女と評判の佐藤さんには、お会いしていません」とは残念だが、事務所に近い東京・お茶の水の界隈で、自身の原作ドラマ「御茶ノ水警察署シリーズ」(フジ系)のロケがあれば、ふらりと顔を出し、主演の船越英一郎と“共演”することもあるという。

 「小説ではエピソードとして盛り込んだ強奪場面がファーストシーンで出てきたり、丹念に描いたシーンがあっさり描かれていたり」と、自ら生みだした世界が映像化されたときの意外性に原作者自身驚いている。

 1986年、博報堂の社員時代に「カディスの赤い星」で直木賞を受賞。当時、芥川賞候補に電通マンの新井満氏が挙がり、「夕刊フジにも『電博対決!』と書かれました」。この時は博報堂の逢坂氏に軍配が上がった。

 「博報堂の社員と作家の二足のわらじをはいていましたが、17年目に社屋が芝浦に移り、早期退職者を募ったのを機に退職しました。作家活動に専念して、また17年経ちました」

 時には時代小説、またある時はユーラシア大陸を舞台にした壮大なロマンと、その筆は縦横無尽だが、実際の“筆”は昔からずっとワープロ「書院」だ。パソコン全盛の時代になって久しいが、慣れた“筆”ということに加え、ワープロには強い思い入れもあるようだ。

 「ワープロは、表示画面が1行しかない時代から使っています。博報堂時代には、1年分の原稿料をまるまるワープロ1台の購入費に投資したこともあります。80年代はワープロが1台80万円もしましたからね」

 職住分離の生活。広告マン時代と同じように、仕事場には毎朝9時に出勤する。ただ、普通の会社と違うのは仕事場にギターがいくつも置かれていること。

 「年代物の手工品のフラメンコギターです。ギターを始めたのは大学生のころ。小さいころから始めていたら、プロになっていたかもしれませんが…。私が初めての海外旅行でスペインを訪れたのは71年です。有給休暇で2週間滞在しました。当時の上司がいい人でね。(長期休暇を)許可してくれたのです」

 そのスペインの旅が、「カディスの赤い星」をはじめとして、後に作家として活動する逢坂氏の作風に大きな影響を与える。今年11月に古希を迎えるが、「現在まで8000枚となったスペインやドイツを舞台にした小説を仕上げ、さらにもう1作、大作に臨みます」という。

 ますます意気軒高。職業が変わっても生活のリズムを変えないなど、健康にはかなり気を使っているようだが、元気なのは血筋かもしれない。

 挿絵画家として、若き日に直木三十五の挿絵を描き、池波正太郎や乙川優三郎の作品を担当する父・中一弥(なか・かずや)氏は先月29日に満102歳の誕生日を迎えたが、今も現役、第一線の画家だ。強靭な肉体と創作力を持つ父の遺伝子が、逢坂氏の夢である「いつか、スペインを舞台にした小説がスペイン語訳され刊行され、さらに映画化されること」を現実に近づけている。(ペン・小張アキコ カメラ・小野淳一)

 ■おうさか・ごう 1943年11月1日、東京都生まれ、69歳。中央大学法学部卒業後、広告代理店の博報堂に入社。80年、「暗殺者グラナダに死す」で第19回オール讀物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー、86年、「カディスの赤い星」で第96回直木賞受賞。第二次世界大戦時の欧州を舞台にした「鎖された海峡」、時代小説「重蔵始末」など、そのテーマは時空を超え幅広い。93年には高島礼子、神田正輝主演で「さまよえる脳髄」が映画化された。最新刊は「北門の狼 重蔵始末(六)蝦夷編」(挿画・中一弥 講談社文庫)。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

フィリピン人講師とスカイプを使って、1対1のオンライン英会話レッスン。毎日受講しても月5000円です。

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!