ぴいぷる

【CHIE】不思議な能力を持つ“スピリチュアル女子大生”

2013.08.14


CHIE【拡大】

 不思議な能力を持つ“スピリチュアル女子大生”だ。現在は、テレビ東京系「おしかけスピリチュアル」(毎週火曜午後11時58分)にレギュラー出演中。会いたい芸能人のところに押しかけ、相手のオーラを見たり、自らの意識を飛ばして家を覗いたりしながら、その人が幸せになるためのアドバイスをしている。

 「視聴者が温かい気持ちになっていただけるような番組を心がけています」

 人懐っこい笑顔は、一般の女性と何ら変わらない。

 「普通の女子大生の私が紹介していることで、スピリチュアルなものをもっと身近に感じてほしいですね。視聴者の方からは、『私もオーラが見えるんです』といったメッセージもくるようになりました。不思議な能力がありながら、人に言えない人は意外といます。もっと普通に話せるくらいに、スピリチュアルのハードルを下げたいですね」

 男性にも見てほしい。

 「金運の御利益がある場所や開運法なども紹介しているのでオススメですよ」

 すぐにもできる開運法は「明るい服を着ること」だという。「黒色の服は自分のオーラを暗くしてしまいます。明るい色の洋服を選ぶと、オーラも気持ちも明るくなりますよ」

 不思議な能力を持ったのは、12歳のときの交通事故がきっかけだった。

 「後遺症が続き、14歳のときに急に倒れ、意識不明になったんです。目が覚めたときは、記憶がすべてなくなっていました」

 自分の名前も言葉も分からなくなった。その代わり、人のオーラが見えるようになった。

 「防衛本能だったのかもしれません。当時は言葉すら分からなかったので、人の感情を知るためにオーラが見える能力が備わったのかも。お医者さんが痛い点滴をしにきても、優しいオーラが出ていると、私のためにやってくれているんだと思えました」

 1年間の自宅療養後、高校へ進学したが、オーラは相変わらず見えた。その能力が特別なものだと気づいたのは高校生のときだった。

 「後ろの席だった私は、クラスメートのオーラで黒板が見えなくなったことがあったんです。それを先生に言ったら、『スピリチュアル体質なのよ』と教えてくれました」

 大学に進学後、お笑い芸人を目指し、在学しながらワタナベエンターテインメントの養成所に入所した。

 「スピリチュアルなことから離れたくて入ったんです。自分の能力を知られていないところで、自由に生きたかった。ただ、コント大会の順位予想で1位から30位まで当てたり、失くしものを見つけたりしていたら、バレてしまいました」

 それが話題となり、今では自分の番組を持つことに。

 「奇跡ですよね。今でもわけがわからないまま、運命に流されています」

 ラッキーガールとも言えるが、オーラや霊が見えることは、いいことばかりではない。

 「車の運転ができません。生きている人とそうでない人の区別がつかないことがあるんです」

 単に見えればいいというわけでもない。見えるものの解釈や相手への伝え方のほうが大切なようだ。

 「しっかりした解釈ができるように、本はたくさん読みます。美輪(明宏)さんの本とか。あと、相手にどこまで言うべきか、もっと良い言い方があったんじゃないかと悩むことは多いですね」

 従来のスピリチュアリストと違うのは、アドバイスに説教臭さがない点。そして、当てることに対する気負いがないところだ。彼女は自分のことを「ちょっと勘が働くだけの普通の女子」と言う。「勘が良くて、たまたま当たっているだけだと思われてもいいんです」

 なぜなら、一番の目的は自分の能力を誇示することではなく、「人を笑顔にすること」だから。今後もちょっと鋭い勘を働かせて、みんなに幸せの種をまいていく。 (ペン・加藤弓子 カメラ・鴨川一也)

 ■ちえ 1991年12月20日生まれ、21歳。群馬県出身。交通事故をきっかけに、14歳のときに記憶喪失を患い、その後、オーラや霊などが見えるようになる。現在、スピリチュアル女子大生として、多数のメディアに出演している。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!