ぴいぷる

【成宮寛貴】すっかり“相棒”顔に

2014.05.01


成宮寛貴【拡大】

 すっかり“相棒”顔になった。2012年に人気テレビドラマ「相棒」シリーズで、水谷豊演じる杉下右京の3代目の相棒・甲斐享(とおる)を演じる。season(シーズン)11と12の出演を経て、映画「相棒−劇場版III−巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ」(和泉聖治監督)が公開中だ。

 「水谷さんはすごいチームリーダーなんです。ムードメーカーで、作品の関わり方が深くて、その姿を横で見られるのは、貴重ですね」

 物語の舞台となるのは、東京から300キロ離れた太平洋の海に浮かぶ孤島。元自衛隊員たちが共同生活を送るこの島では、妙な噂があった。杉下と甲斐は、島で起きた「男性が馬に蹴られ死亡した事故」を手掛かりに、その実態を調査することに…。

 「この作品では、国防の問題にギリギリまで迫っています。答えを簡単に出せない問題ではあるのですが、国民一人一人が考えなくてはいけないことを、この映画を通して感じてもらえるとうれしいです。それぞれのキャラクターがよく出ていて、テレビの良さを生かしたまま、映画ならではの壮大なスケールになっているので、相棒ファンの方にも喜んでいただけると思います」

 役柄と自身に似ている点があるようだ。

 「青臭いところが似ていますね。僕は人に会うと、初めに『こういう人なんですよ』と自分のカードをすべて見せてしまうタイプ。『実はこんなカードがありました』なんて後から出したりはしない。もしゲームをしたがる人がいたら、本当は僕もゲームで返せばいいのですが、ゲームはしたくないんです。そういうときに自分は青いなぁって思いますね。ゲームで時間を潰したくないし、人とはストレートに接していきたい」

 そんな清々しい明るさを持つ彼だが、笑顔の裏には苦労もあった。母子家庭で育ち、14歳のときに母親は他界。高校進学をせずに自ら生計をたて、弟の面倒もみてきた。厳しい環境に負けなかったワケは?

 「しようがないって思うことですかね。腹をくくるというか。母親が亡くなったのは寂しいことですが、今の自分になれたのは、むしろそういう環境があったおかげ。人は一人では生きていけないから、あるときは助けてもらったり、あるときは自分が助けたりし合うもの。素敵な人たちが自分の周りにいるから、どんな試練にも乗り越えられてきました」

 17歳のときに、宮本亜門演出の舞台に出演し、俳優デビューをした。

 「中卒の自分に何ができるかと真剣に考えたときに、『あ! 俳優だ』って。ただ、いきなりオーディションに受かってしまったので、そのときはまだ現実ではない感じでした。このあと、どう人生が展開していくんだろう?みたいな」

 初めて舞台に立ったとき、自分に変化が起きたという。

 「お客さんを目の前にしたとき、自分のスイッチが入りましたね。緊張で心臓がドキドキしているのですが、それが“自分が生きている実感”にもなって、もう少しこの仕事をやってみようかなって。その後、応援してくださる方も出てきて、生きるモチベーションを持ち始めました」

 30歳になったとき、ずっと俳優でやっていこうと決心した。

 「ずっと自分が俳優でい続けられる自信がなかったんです。でも、まだ俳優でいるし、世の中の人が、僕が俳優でいることを認めてくれるのであれば、続けていこうかと。ここにいて楽しいと思えて、まだ自分が人に何かギフトできるようなパワーがある限りは、この仕事をしていてもいいんじゃないかと思ったんです」

 7月からは、蜷川幸雄氏演出の舞台に出演する。

 「今年は自分を鍛えるためにも、舞台をやろうと決めていたんです。今の自分ではダメなような気がするんです。なにがダメなのかも分からないので、その答えを見つけるためにも舞台をやって、次に進んでいきたい」

 このハングリー精神が、彼をさらに輝かせるのだろう。 (ペン・加藤弓子 カメラ・大橋純人)

 ■なりみや・ひろき 俳優。1982年9月14日生まれ、東京都出身。31歳。2001年に「溺れる魚」で映画デビュー。2002年にテレビドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)で人気を博し、その後は、テレビドラマや映画、舞台、ファッション誌など多岐にわたって活躍。05年にエランドール賞新人賞受賞。

 7月7日〜8月3日、東京・渋谷のシアターコクーンで「Bunkamura25周年記念『太陽2068』」(蜷川幸雄演出)に出演。共演は綾野剛、前田敦子、伊藤蘭ら。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!