ぴいぷる

【門倉有希】唯一無二のハスキーなオンナ歌に定評

2014.07.17


門倉有希【拡大】

 群雄割拠の演歌界にあって、唯一無二のハスキーなオンナ歌に定評がある。恨み節や悲恋の歌が実に似合うのだが、話してみると、あっけらかん。少し福島なまりの親しみやすさに、こちらの口角もついゆるむ。

 「気がついたら歌手生活20年。実感ないですねえ。実家が酒屋で、祖父が大の歌好き。3歳のとき最初にうたったのが、西田佐知子さんの『アカシアの雨がやむとき』で、〈このまま死んでしまいたい〉って歌詞を何度も繰り返していたらしいです。とんでもない子供ですね。アハハ。両親が忙しくて、幼稚園の頃には『これで遊んでなさい』と8トラックのカラオケセットをもらい、地下のお酒の倉庫で歌っていました。コンクリートで響きがよくて。お酒は…強くなりすぎて26でやめました」

 これ以上の英才教育はないだろう。

 “第2の都はるみ”を探す新人オーディションに応募したのが14歳。規定は15歳以上で、年をひとつごまかした。

 「全国大会までいって年がバレちゃって、はるみさんから『学業と歌に専念しなさい』と」

 高校は、学法石川に進み、1年のとき野球部のマネジャーとして甲子園に“出場”。当時、女子はベンチ入りできず、アルプス席で声をからした。演歌界で、甲子園と紅白歌合戦の両方を制したのは、彼女と山本譲二だけである。

 再び挑戦したレコード会社のオーディションでプロへのきっかけをつかみ、17歳で上京。19歳のとき『鴎…カモメ』でデビューした。コブシを利かせた正統派演歌だった。

 「荒木(とよひさ)先生から詞をいただいたとき、衝撃を受けました。〈十五で抱かれて 十九で泣いて〉って。デビューはうれしかったのですが、うわー、わかんないって(笑)」

 武器になった声には、子供のころコンプレックスがあった。

 「学校の音楽の時間が嫌いでした。小学校5年のとき担任が音楽の先生になって、高い声がでないから、授業がイヤだと私が言ったら、『いいから歌ってみなさい』と。『とっても素敵で、りんごにワックスを塗ったような声だ。自信をもちなさい』って。そこから音楽が好きになりました」

 中学2年のとき、1カ月ぐらい声が出なくなり、病院で「変声期です」と告げられた。

 「もっとハスキーな声になりました。大人になって歌手以外で得したこと? イタズラ電話です。私が出ると、男っぽい声でびっくりしてみんな切る。撃退するには最高ですね。ハハハッ」

 実はデビューして間もなく“失踪事件”を起こしている。

 「男と逃避行−とか週刊誌に書かれましたが、男性と逃げたわけではないんです。キャンペーンがつらくて、半年ぐらい休養しました。マイクを持たず、ラジカセだけで、ナマ歌を来る日も来る日もレコード店の店頭で歌いました。300軒以上ですかね。仕事の大切さをよく理解していなくて、田舎のホールで見た華やかな歌手しか知らなかった。ギャップに悩んで、何本か仕事をすっぽかして…」

 実家で休養している間、両親は何も言わなかった。事務所の社長が定期的に訪れて、ファンレターの束を置いていく。「有希ちゃんの歌を聞いて希望がわいた」「がんばって」という文面に、「大変なことをした」と、我に返った。

 彼女の名を一気に押し上げた悲恋のバラード『ノラ』は、売れるまで4年かかったという。

 「もともとカバー曲で、ベスト盤に入れたんですが、ライブやNHKの歌謡コンサートでご好評をいただいてシングルカットしました。まだ20代前半だった私には難しい恋愛の歌でした。野良犬のように、ほっつき歩いている男に惚れる歌で、〈愛はひとり芝居〉って何? って感じで。ワハハ」

 四十路になった今、ようやく歌詞の世界に、追いついた。先月出した20周年記念シングルのタイトルは『いいから抱いて…』。せつなく揺れるオンナ心を繊細に歌い上げる。今、独身の彼女を部屋で待つのは…。

 「オスが3匹、メスが4匹。猫に囲まれて生活しています。歌の練習のときは、じっと聞いていて、三味線の音になるとファーッと逃げていくんですよ。本当に。45まで、いや遅くても50までにはいい人と出会いたいなあ」

 世渡りが上手いとは決して言えないが、ほんわかとした人柄が、ライブを聴いたファンを離さない。不思議な歌い手だ。 (ペン・中本裕己 カメラ・寺河内美奈)

 ■かどくら・ゆき 歌手。1973年12月1日生まれ、40歳。福島県須賀川市。94年、『鴎…カモメ』でデビュー、96年第6回NHK新人歌謡コンテストで『女の漁歌』がグランプリを受賞し、その年の紅白歌合戦に出場した。98年『ノラ』発売、80万枚を超えるロングセラーに。ホール公演のほか、六本木スイートベイジルなどライブハウスでのアットホームなライブも人気だ。

 25日=埼玉・川越湯遊ランドで、いっこく堂&門倉有希ビッグショー▽8月30日=第3回YOU遊モデル浅草歌謡祭など出演情報は、公式ホームページで。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。