ぴいぷる

【染谷将太】役者って身体さえあればできるので飽きないです

2014.11.28


染谷将太【拡大】

 アンニュイな雰囲気を醸し出している演技派若手俳優。今年は9本の映画に出演し、来年はすでに5本の公開が控えている。29日封切りの映画「寄生獣」では、主役の高校生・泉新一を演じた。

 「『人間とは何ぞや』という壮大なテーマが描かれていますが、説教臭くなく、エンターテインメントとして楽しめ、見終わった後にはいろいろと考えさせられる作品です」

 原作は、岩明均(いわあき・ひとし)氏によって1990年から95年にかけて月刊漫画雑誌「アフタヌーン」(講談社)で連載された、累計1100万部を誇る同名コミック。監督は映画「永遠の0」の山崎貴氏が手掛け、2部作で実写映画化した。

 ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操り、他の人間を捕食する謎の寄生生物(=パラサイト)が出現。一匹のパラサイト(阿部サダヲ)が新一(染谷)に寄生しようとしたが脳を奪うことに失敗。自らを「ミギー」と名乗り、新一の右腕に寄生し共生することに。新一とミギーの奇妙な友情と戦いが始まる…。

 ミギーはCGで表現したため、撮影では自分の右手相手に芝居をした。

 「どんな芝居をすれば、ミギーの魅力を損なわせないのかを試しました。パントマイム的なことをしたり、何もないところに自分の目線を送ったり。お客さんには『これ、演じるのは大変だったろうな』なんて自分の努力がバレないで、自然に楽しんでいただけたら嬉しいですね」

 原作ファンが多いだけに、公開前から話題に。

 「映像化を楽しみにされている方も、『どうなんだ?』と思われている方も、ぜひ映画館で見て、ご確認ください」

 9歳のときに「STACY(ステーシー)」(友松直之監督)で映画デビューをした。

 「もともと父親の影響もあって映画が好きだったので、この世界に興味がありました。子供の頃は演じるということがよく分からなかったのですが、現場を見ているのは楽しかったですね」

 現在、22歳でありながら映画出演数は50本以上。映画と共に大人へと成長してきた。

 「相当、映画に影響を受けて生きてきましたね。作品ごとに共演者や監督、スタッフとの出会いがあり、いろいろな才能に触れられるので面白いです」

 一躍注目を集めたのが、2012年に公開された主演映画「ヒミズ」(園子温監督)。夢を諦め、父親殺しに手を染める少年を熱演し、日本人初のヴェネツィア国際映画祭の新人賞のほか、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。幅広い演技には定評がある。

 「演じる上で、突拍子のないことをやっても説得力のあるものにすることを心がけています。佇(たたず)まいが大事だと思っていて、セリフがなくても立っているだけで成立しているようにしたい。あとは監督の共犯者になりたいですね。監督がお客さんに伝えたいメッセージがきちんと伝わったら嬉しいです」

 それにしても、年齢の割には落ち着いている。

 思わず将来の夢について聞いてみると、「心身ともに健康でいたい」と若者らしからぬ答えが。

 「具体的な夢というのはないです。役者は役を与えてもらうことで成り立つ仕事なので。ただ面白いことをやっていきたいし、作品に携わる以上、誠心誠意頑張りたい」

 周りからは「おじさんっぽい」と言われるようだが、彼から感じるものは、我欲のなさと内側に秘めた熱さ。良い作品にするために自分の演技を磨くことが喜びだ。

 「今まで自分がどういう表現ができるのかをずっと試してきました。役者って身体さえあればできるので、可能性は大きいし、飽きないです」

 今、演じたい役がある。

 「自分の顔が全編で出ない役をやってみたい。『Vフォー・ヴェンデッタ』という作品(アメコミ原作の映画)があるのですが、主人公がずっと仮面をかぶっていて素顔が出ないのに、感情が見えるんです。役者にとって情報を伝えるためには顔が武器ですが、それを一切封じてやるというのは興味深いですね」

 表情からはうかがいしれないが、見る者を惹きつける企みは、際限なく広がりそうだ。 (ペン・加藤弓子 カメラ・矢島康弘)

 ■そめたに・しょうた 俳優。1992年9月3日生まれ。東京都出身。22歳。 2009年に「パンドラの匣」(冨永昌敬監督)で長編映画初主演。11年、映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」(瀬田なつき監督)で、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞などを受賞。13年エランドール賞 新人賞を受賞。

 現在、出演映画「神さまの言うとおり」(三池崇史監督)が公開中。来年は、「さよなら歌舞伎町」(荒井晴彦監督)、「先生と迷い猫」(深川栄洋監督)、「ストレイヤーズ・クロニクル」(瀬々敬久監督)、「バクマン。」(大根仁監督)などの公開が控えている。

 後編の「寄生獣 完結編」(山崎貴監督)は、来年4月29日に公開。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。