ぴいぷる

【野々すみ花】音楽劇『ライムライト』の後はNHK朝ドラ…手帳に空白なし (1/3ページ)

2015.07.02


野々すみ花【拡大】

 宝塚歌劇団宙組の娘役トップを卒業して3年。女優として数々の舞台やテレビに出演し、着実にキャリアアップしてきた。

 「退団後のことは何も考えられなかったんですが、(予定のない)空白の手帳を見て、がく然としました。私にできることは何なのか。やはり表現することじゃないかと決断しました」

 恥じらうような表情で、控えめに慎重に話す。

 宝塚時代はダンス、芝居、歌の三拍子そろった実力派の娘役。早くから大きな役に抜擢され、入団4年目で一気にトップに駆け上がり、在団わずか8年で退団した。娘役の場合、男役から女優への“性転換”もなく、比較的すんなり転身できそうだが、そう簡単でもないらしい。

 「見た目は変わらなくても、中身は全然違います。宝塚の娘役は男役さんの相手役としての作りこんだ様式美がある。よりリアリティーを求められる女優としては、そういう重ねたものを取り払っていく作業が必要でしたね。ただ、宝塚生活の8年間は今の私を作り上げたすべての土台。その培った部分も含めて私自身を表現すればいいんだと、最近になってようやく思えるようになりました」

 女優としての手応えも感じ始めたようで、吹っ切れたような笑顔を見せた。

 新たにヒロインをつとめる音楽劇「ライムライト」は、世紀の喜劇王チャプリンの晩年の傑作映画を、世界で初めて舞台化する話題作(上演台本・大野裕之、演出・荻田浩一)。往年の人気者で今は落ちぶれている老芸人カルヴェロ(石丸幹二)と、人生を悲観して自殺しようとした若きバレリーナ、テリー(野々)の2人を中心に、舞台人のはかない浮き沈みの宿命と、究極のせつない愛の物語が、名曲「テリーのテーマ」とともに描かれる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。