ぴいぷる

【タケカワユキヒデ】今でも999の仕事は二つ返事でOK 夢は“ゴダイゴ99歳ライブ” (1/3ページ)

2015.08.06


タケカワユキヒデ【拡大】

 この人が生み出した名曲にどれだけの子供たちが心躍らせたことだろう。ロックバンド、ゴダイゴのボーカルとして大ヒットさせた主題歌など、「銀河鉄道999(スリーナイン)」シリーズの音源を1枚のCDにまとめた「銀河鉄道999ゴールドセレクション」を先月、リリースした。

 「あの主題歌は僕らにとってもキャリアの集大成となる曲でした。今でも999の仕事は二つ返事でOKです」

 劇場版アニメが公開されたのは1979年。作品との縁は音楽以外でも延々と続いている。

 昨年12月に西武鉄道の「銀河鉄道999デザイン電車」が惜しまれつつ姿を消した。地元とファンの力で再び作品の世界観を西武線沿線で実現させようという「『銀河鉄道999』現実化プロジェクト」に応援団として参加している。

 「CDとほぼ同時のタイミングでスタートしたんですけど、まったくの偶然なんです。おもしろいですよね」

 自身は今年でソロデビュー40周年。キャリアを振り返ると「見当違いのことばかりしてきたんですよね」と意外な言葉が出た。

 「僕のこだわりで申し訳なかったんですけど、全編英語の歌詞でやろうとしたら、なかなか皆さんに曲を届けることができなかった。999の主題歌にしても松本零士先生や監督と打ち合わせをせずに作りましたから、あの曲調になるとは誰も予想していなかった。(ゴダイゴの)ミッキー吉野でさえ『もっとゆっくりな曲になると思っていた』と言ってましたからね」

 その決断は大正解。アップテンポで高らかに旅立ちを歌い上げた主題歌は、今やEXILEがライブでカバーする定番ソングとしても有名で、カラオケの常連人気曲だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。