ぴいぷる

【常盤貴子】20代のときに男性と“ひとつ屋根の下”衝撃の告白 (3/3ページ)

2015.08.20


常盤貴子【拡大】

 常盤自ら“好きな人”に告白したときのことも教えてくれた。

 「大林(宣彦)監督の映画に出ることが、20年来の夢だったんです。大河ドラマ『天地人』(09年)で、新潟の長岡出身のお船の方を演じたのが縁で、長岡の花火大会を見にいったとき、大林さんにお会いしたんです。思わず駆け寄って『ずっと大林さんの映画が好きでした』って告白しちゃって。夫(長塚圭史)も大林さんのファンなんです」

 大林監督がその花火大会を描いた「この空の花 長岡花火物語」(12年)を長塚と一緒に見にいったときのことだ。

 「私、号泣しちゃって。そうしたら隣で夫も大泣きしているんです。夫は、クリエーターとして、物づくりの大変さが分かるだけに、『大林さんの仕事は素晴らしい。大林さんは戦っている』と私よりも感激していました」

 結局、常盤は大林作品「野のなななのか」に主演、今春の第29回高崎映画祭では最優秀主演女優賞のご褒美までもらった。

 「叶わなかった夢もたくさんあります。でもそれは、もともと必要のなかった夢なのです」

 このポジティブな姿勢が彼女のたくましさだ。 (ペン・小張アキコ カメラ・荻窪佳)

 ■ときわ・たかこ 女優。1972年4月30日、神奈川県生まれ。43歳。95年、ドラマ「愛していると言ってくれ」で、第1回エランドール賞新人大賞を受賞。その後、ヒット作、大作に相次いで出演。映画は、99年に香港映画「もう一度逢いたくて〜星月童話」でレスリー・チャンと共演。「赤い月」(2004年)「20世紀少年」シリーズ(08、09年)「CUT」(11年)「汚れた心」(12年)などに出演。

 09年、劇作家で演出家、俳優の長塚圭史と結婚した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。