ぴいぷる

【蘭寿とむ】宝塚退団して約2年、変化は「自分のためのゆとりの時間ができた」 (1/3ページ)

2016.05.20

蘭寿とむ
蘭寿とむ【拡大】

  • <p>蘭寿とむ</p>
  • <p>蘭寿とむ</p>
  • <p>蘭寿とむ</p>
  • <p>蘭寿とむ</p>
  • <p>ミュージカル「天使にラブ☆ソングを〜シスター・アクト〜」</p>

 「“ザ・ミュージカル”といえる最高にハッピーな作品で、歴史のある帝国劇場に初めて出させていただけるのが、すごくうれしいです」

 落ち着いた口調で静かに喜びを表現した。ミュージカル「天使にラブ☆ソングを〜シスター・アクト〜」で、黒人クラブ歌手デロリス役を森公美子とダブルキャストで主演する。

 このミュージカルは、ウーピー・ゴールドバーグ主演で大ヒットした米映画を、ウーピー自身がプロデューサーとなって製作し、音楽をヒットメーカーのアラン・メンケンが書き下ろした傑作コメディー。2009年に英ロンドンで開幕し、11年には米ブロードウェーに進出。日本には14年に初上陸して笑いと感動を振りまき、今回は待望の再演になる。

 「森さんはパワフルで歌唱力もすばらしい。ご一緒できる機会にいろいろ教えていただいて勉強したいです。ダブルキャストも初めての経験ですが、役を客観視できるのではと思います」

 クラブ歌手のデロリスは、殺人事件の現場を目撃したことでギャングに命を狙われるハメになり、修道院にかくまわれる。天真爛漫なデロリスと規律が厳しい修道女たちは相いれず騒動を繰り返すが、聖歌隊の特訓を通して互いの理解が深まる。

 ところが、噂を聞きつけたギャングたちの手が修道院に忍び寄る…というストーリー。森や警察官役の石井一孝、ギャングのボス役の大澄賢也、修道院長役の鳳蘭らは前作からの続投で、蘭寿や神父役の今井清隆らが新キャストとして初参加する。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。