ぴいぷる

【大谷三穂2等海佐】人生も荒波を越えてきた初の女性艦長 (1/3ページ)

2016.06.23

大谷三穂2等海佐
大谷三穂2等海佐【拡大】

  • <p>護衛艦「やまぎり」の艦長席に座る大谷三穂艦長。現役護衛艦では初めての女性艦長となり、注目を集めている</p>
  • <p>大谷三穂艦長を取材する、防衛ジャーナリストの桜林美佐氏</p>

 男所帯である自衛隊の内輪の宴席では、裸の芸などは日常茶飯事だ。それを見て、女性自衛官が目を覆い恥ずかしがっているかといえば、そんなことはまったくなく、クールにひと言。

 「もっと面白いのをヤレ!」

 大谷三穂2等海佐とは、何年も前に、そんな宴席で出会った。「初の女性艦長を目指しているらしい」ということは聞いていたが、その後、2013年に練習艦「しまゆき」艦長となって夢をかなえ、さらに今年、約220人が乗り込む護衛艦「やまぎり」艦長に着任したことは、画期的なニュースだった。

 日本では「護衛艦」だが、国際的には「destroyer」と呼ばれ、武器を搭載して乗員も戦闘員だ。その指揮を執るという強さは、一体どこから来ているのか。

 大谷2佐は、防衛大学校の女子1期生だ。それまでは、京都で女子大生をエンジョイしていた。だが、2年生の時に人生観が一変する。きっかけはテレビの向こうに映し出された湾岸戦争(1991年)の映像だった。

 「こんな生ぬるい生活していていいのか、と思いました。親のスネをかじって…。なんだか、恥ずかしくなったんです」

 くしくも、その直後に新聞で「防衛大学校が女子に門戸開放」という記事を見つけた。親は反対したが、「受験だけでも」と説得し、92年に防大に入学した。「国の役に立ちたい!」、その一心で、それまでの自由とは真逆の息もつかせぬ過酷な生活が始まった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。