ぴいぷる

【高野人母美】モデル、プロボクサーの両立に迷いなし 10月にはスクリーンデビュー (1/3ページ)

2016.08.17

高野人母美
高野人母美【拡大】

  • <p>高野人母美</p>

 177センチ、9頭身の美貌モデル。2013年にはプロボクサーデビューを果たして注目を集めてきた。今年5月には、ボクサー引退騒動で、ファンをハラハラさせたが、現在は、「2度目の世界戦挑戦のチャンスがいただけるなら、がんばりたい」と笑顔を見せる。

 「昨年の世界初挑戦で負けて、次は勝って成長を見せないといけないというプレッシャーや、体重が落ちなくなりケガも続いて不安になって…と悪循環に陥っていました。いろいろな方にご迷惑をかけて本当に申し訳なかった。昔から枠にハマって生きるのが苦手で“まあまあ、ぼちぼち”と、やってきまして、悪いところが出てしまいました」

 5月18日にいったん引退を表明。しかし、同27日には、金平桂一郎・協栄ジム会長が同席して引退撤回の謝罪会見を開いた。実はその直前、人生初のぎっくり腰を経験し、「歩けなくなって病院に行ったらヘルニアと診断されました」と明かす。「謝罪会見の最後に『すみませんでした』と頭を下げた時、意識が飛びそうになったんですよ、腰があまりにも痛すぎてピークでどうしようかと焦りました」

 自身の言動が招いたピンチだったからこそ「いい経験にしよう」と持ち前の前向きさを取り戻し、心身を鍛え直している。

 「少し前にトレーニングを兼ねて、1週間ほど1人で小笠原諸島へ行きました。都会にいると食べ物などすべてに手が届き、遊び心も生まれる。甘えをなくし、人間性を鍛えよう、極めようと思いまして。島では素泊まり一泊4000円の民宿の相部屋に滞在し、食事は釣りや素潜りで魚を獲るなどの自給自足。人間関係も一から築き、結果的に友達がたくさんできました」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。