ぴいぷる

【志田未来】女優続けるのか何度も迷ったけど、やめられなかった (1/3ページ)

2016.08.19

志田未来
志田未来【拡大】

  • <p>志田未来</p>
  • <p>志田未来</p>

 23歳にして芸歴17年の実力派女優だ。初心を忘れないことを大切に、仕事をしているという。

 「小学生の頃はオーディションを受けて、やっと1行くらいセリフのある役をいただいていたので、そのころの気持ちを忘れずに、どんな役でも全力でやります」

 20日公開の映画「青空エール」(三木孝浩監督)では、女子高生の主人公・小野つばさ(土屋太鳳)の先輩を演じた。

 「制服を久々に着て、高校生の気持ちを思い出しました。土屋さんは初めてお会いをしたときから、つばさそっくりになっていました。目をキラキラさせていて、まっすぐなところとか」

 原作は、河原和音さんの累計発行部数340万部を突破した同名漫画。野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した、トランペット初心者のつばさは、クラスメートで野球部員の山田大介(竹内涼真)と「甲子園で戦う大介をスタンドで応援する」と約束を交わす。ふたりは“両片想い”のまま、それぞれの夢を追いかけていく…。

 「登場人物みんなが夢に向かって頑張っているので、胸がグッと熱くなる作品です。大人の方が見たら、10代の頃を思い出していただけるんじゃないかなと思います」

 見終わった後、誰もが「青春っていいなぁ」と感じるだろう。

 6歳の時に母親の薦めで児童劇団に入った。

 「『テレビに映れたら、大きくなったときに思い出になるよね』という軽い気持ちでした。最初に演じたのは7歳の頃ですが、あまり記憶がなく、気が付いたらこの仕事をしていた感じです」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。