ぴいぷる

【尾崎裕哉】面影を追い、自分探し 父が見られなかった分もこの先の風景を見ていきたい (3/3ページ)

2016.10.20

尾崎裕哉
尾崎裕哉【拡大】

  • <p>尾崎裕哉</p>
  • <p>尾崎裕哉</p>
  • <p>尾崎裕哉(著)「二世」(新潮社)</p>

 そんな自分と、父親との違いは「僕、真面目で退屈な人間ですよ。だって、僕は校舎の窓ガラスは割らずにピカピカに磨くタイプですから」と笑いながらいう。

 だが、父とは違う個性だからこそ、もっとその違いを極めていきたい。

 「父が超えるべき存在かと聞かれると、ちょっと違うような気がする。20代の僕が“10代のカリスマ”は超えられないし、またその必要もない。むしろ、父のできなかったことをやりたいし、父が見られなかった分もこの先の風景を見ていきたい、と思うようになったんです。今でも父のファンからは僕の声が父と似ているので、感動しましたっていう話を聞きます。でも僕は感動で終わることなく、音楽によって一人一人が行動していけるような曲をたくさん作って貢献していきたいですね」

 その音楽は、5歳からの10年間、米ボストンで暮らしていたこともあり、大好きなブルースに根ざしているが、「どんなに泥臭いギターを弾いても、どこかにJ−POPがにじみ出てくるんです。やっぱり日本人の血にはあらがえないものがあるんですね」と語る。

 ここから、尾崎裕哉の新たな物語が始まる。 (ペン・福田哲士 カメラ・春名中)

 ■おざき・ひろや 1989年7月24日、東京都生まれ。歌手。2歳のとき、ロック歌手の父、尾崎豊が死去。母親とともに渡米し、15歳までの10年間をボストンで過ごす。2005年に帰国し、アメリカン・スクールを経て、慶応大学大学院卒。

 10年から約5年間、InterFMでラジオ番組を担当。9月5日にシングル「始まりの街」(トイズファクトリー)のデジタル配信を開始しメジャーデビュー。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。