ぴいぷる

【東出昌大】俳優デビュー5年目、自分へのご褒美は「海外旅行」 長期休暇の余裕なし (1/3ページ)

2016.11.18

東出昌大
東出昌大【拡大】

  • <p>東出昌大</p>
  • <p>東出昌大</p>
  • <p>映画「聖の青春」</p>

 俳優デビューからまだ5年目ということに驚く。それほど話題作への出演が続いている人気俳優だ。19日公開の映画「聖(さとし)の青春」(森義隆監督)では、所作やしゃべり方を徹底的に研究して、天才将棋棋士、羽生善治を演じている。

 「とらえどころのない方だな、という印象はあったんですが、羽生さんはやっぱり根っからの勝負師なんですよね。とても純度の高い作品で、素晴らしい人を演じられて光栄でした」

 映画は大崎善生氏の同名小説を原作に、病と闘いながら将棋に人生のすべてをかけ、羽生と並んで「東の羽生、西の村山」と称された棋士、村山聖の生涯を描いている。村山を演じた主演の松山ケンイチ(31)は、体重を大幅に増やして役に挑んだ。「命を削ってやっていました」とその鬼気迫る熱演ぶりに舌を巻く。

 「胃薬を飲みながら人の2、3倍の量の食事を取る。空いている時間にジュースを飲みながらお菓子を食べ続ける。とてもつらそうでした。実在の村山さんと同じような迫力が出ていると思います」

 緊迫感あふれる両者の対局シーンが作品の見どころだが、印象的なのは、ある対局後に2人が飲食店に足を運んで、ビールを飲みながら会話する場面だ。お互いの趣味の話をしてもまったくかみ合わない2人が、将棋への情熱を語り出すと、見事なまでに通じ合う。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。