ぴいぷる

【村上ショージ】芸歴40周年「僕の今があるのはさんまさんのおかげ」 (2/3ページ)

2016.12.02

村上ショージ
村上ショージ【拡大】

  • <p>村上ショージ</p>

 初舞台は師匠で漫談家の滝あきらの勧めで京都花月劇場(閉館)に出演したが、ネタづくりが間に合わず、生きたドジョウの丸飲みを披露。客席から「ぎゃー!」と悲鳴が上がった。

 「『ウケた!』と思ってたら、さんまさんの師匠の笑福亭松之助師匠が客席にいてはって、さんまさんに『おまえ、村上いうのかわいがってるんか! 注意したれ、あいつ舞台でドジョウ飲んでるぞ』とチクられました」

 さんまが全国区の人気を得た人気バラエティー番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)では、Mr.オクレらと「何人トリオ」を結成。さんまが進行する「ラブ・ユー・貧乏」のコーナーでは、下積み時代の貧乏話で笑いをとった。

 「ひょうきんの反響はすごくて仕事も増えました。でも、何人トリオで営業に行っても間が持たない。ネタが始まって5分くらいたつと、満員の客席からどんどん人がおらんようになって。さんまさんがおるから成り立ってた。僕の今があるのはさんまさんのおかげ」

 その後もギャグの腕を磨き続け、2007年には「徹子の部屋」(テレビ朝日系)にも出演し、司会の黒柳徹子から身に覚えのない「すべり芸の開発者」と紹介されながらも、自慢のギャグを披露。「何の脈絡もない」「笑い損なっちゃった」などと苦笑され、「芸人殺し」と恐れられる黒柳を前に撃沈した。

 「徹子さんの前でギャグをやったら、スタッフがクスッと笑ったんやけど、間髪入れずに『笑いが起きるということは、開発の途中でございますか』といわれて、すっごい恥ずかしかった。おかげでインターネットのウィキペディアで『すべり芸』と検索したら、代表的な芸人として紹介されるようになりました」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。