ぴいぷる

【岡田准一】座長の心得は… 「20代の頃はアイドルと思われることに悩みも」 (1/3ページ)

2016.12.09

 アイドルグループ、V6のメンバーでありながら、映画界になくてはならない人気俳優でもある稀有な存在だ。

 「今はアイドルの時と俳優の時での切り替えがうまくできるようになりました。20代の頃はアイドルと思われることに悩んだりもしましたが、30代になると、何が大事なのかがシンプルになってきました。今は、その都度、求められることに応えることが、社会人として大事なことだと思っています」

 10日から主演映画「海賊とよばれた男」が公開される。山崎貴監督をはじめ、2013年の映画「永遠の0(ゼロ)」のチームが再集結。出光興産の創業者、出光佐三をモデルとする主人公、国岡鐡造を、青年期から90代まで演じ切った。

 「監督に『一緒に戦ってください』と言っていただき、それはとてもうれしい言葉でした」

 原作は、420万部突破の百田尚樹氏の同名小説。名もなき一青年だった国岡が、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていくまでを描く。

 「国岡は、何万人もの人に愛された人でもあれば、逆に何万人もの人に恐れられた男でもある。聖人君主というよりも、とても人間味のある人です。広い視野を持って、自分だけのことではなく、社員の生活や国の未来までも考えていけるリーダー像は、今の時代にも求められるものですよね」

 作品の半分もの時間、60代の国岡を演じている。特殊メイクを施し、スクリーンの中にいる、恰幅のよく、力強く太い声で話す国岡は、まさに初老の男だ。

 

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。