ぴいぷる

【岡村隆史】色とりどりの笑い生む、尽きることないお笑いへの探究心 「テレビの中で死んでやろう」 (1/3ページ)

2017.01.05

岡村隆史
岡村隆史【拡大】

  • <p>岡村隆史</p>
  • <p>岡村隆史</p>

 「いつ吉本から『解雇です』と言われても『ありがとうございました』と言える。それだけ、いろんな経験をさせてもらいました」

 20代で東京進出。入れ替わりの激しいお笑い界の第一線で戦ってきた自負がある。しかし、だからこそ悩みも生まれる。

 「不まじめに見えることをまじめにやってきたから今がある。でも、みんながイメージする『ナインティナインの岡村隆史』をずっと演じきることはでけへんし、いろんな顔、違う岡村隆史も見せていかんと、この先、しんどくなるやろなと思ってます」

 ヒントはいまも住民票を残す大阪にあった。昨年11月にスタートしたカンテレのトーク番組『おかべろ』は、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が経営する飲食店に毎週ゲストが来店。進行はすべて亮に任せ、本人は自由気ままにゲストとトークを楽しむ。企画会議で内容が綿密に練られる全国ネットの番組とは違う関西ローカルらしいユルさが売りだ。

 「関西の番組の中でも『おかべろ』は、自由度が高く、僕自身もあまり気負わず、やりたいようにやらせてもらっているので楽しい。完全に演じるのではなく、ミステリアスな部分は少し残しつつも素の岡村隆史がちょっと見え隠れする。自分でも心がけている部分であり、そういう部分を出していきたい」

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。