ぴいぷる

【ぴいぷる】高橋勇市、異変は桜舞う高2の春…壁に頭を打ち付けて泣いた アテネで挙げた金の祝砲は新たな号砲へ (3/4ページ)

2017.04.14

高橋勇市
高橋勇市【拡大】

  • <p>高橋勇市</p>

 まったく見えないのにどうやって42・195キロを走るのだろう。怖さより興味が勝る。リハビリセンターを卒業して8年が過ぎていた。

 その年の年末、沖縄の大会で、31歳にしてフルマラソンに挑戦し、4時間53分47秒で完走する。

 「後半疲れて歩いたんですけど、中学時代、陸上部でいい成績を残していたので本気を出せば、ある程度はやれるなと」

 これを機に練習を本格化させると、タイムは面白いように縮んでいった。それとともに視力を完全に失う日が、すぐそこまで迫っていることも再認識し、心を整えた。

 熱風が吹き、直射日光が容赦なく肌を焼く。あの日、ギリシャの空はいつになく澄んでいた。

 「炎天下には慣れていたんですけど、正直キツかったですね」

 日本代表となりアテネ・パラリンピック(2004年9月)の大舞台に立っていた。スタートの号砲が鳴る。いつものように数をかぞえだした。

 「伴走者の体調が心配で、当初考えていたペースを抑えて、タイム度外視で勝つ戦略に替えました」

 25キロ地点でトップを抜いた。問題は30キロ地点。前半の上り坂、ここで引き離し、40キロまでの下り坂で一気に差を広げる。戦法は見事にハマる。無我夢中、息せき切ってゴールを抜けた。

 センターポールに揚がる日の丸と流れる君が代。手を差し伸べてくれた応援者、支えてくれた妻を思うと、絶望で枯れたはずの涙が自然とあふれてきた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。