めっちゃ犬好き!穴党ファンに貢献したい 西村歩

2012.09.26


西村歩選手【拡大】

 「ピアノ、料理、乗馬。最近はドッグトレーニングにはまってます」。優雅な趣味が並ぶ。オフの過ごし方は「友達と遊んだり、愛犬と遊んだり。旅行も好きです」。

 父親は元競輪選手の西村暢一氏。ボートレーサーになるきっかけは「父が勝手に願書を出しました。だから試験を受けるしかなかったです」と話す。

 養成所「やまと学校」(福岡県柳川市)は規律に厳しく脱落者も多い。「試験の成績が悪くいつ帰らされてもおかしくない状況でした。今、私にできるひとつひとつのことを確実にしていき、なんとか学校を卒業することができました」と振り返る。罰で1カ月乗艇禁止になったことも。

 ボートレースは「まさに水上での格闘技」と魅力を語る一方、「怪我をしたあとのレースがずっと怖かったです。また怪我をしてしまうかもという恐怖感がありました。時間がたてば克服していました」と苦労もあった。

 「若い男子レーサー、女子レーサーもたくさんいてるので若い世代の人達に見に来てほしいです。実際に目の前で見たら楽しさが分かると思います」と来場を呼びかけ、「めっちゃ犬好きです。穴党ファンの人達に貢献できるよう頑張ります」とユニークに自己アピールした。(産経デジタル)

 ■西村歩(にしむら・あゆみ) 1985年生まれ。現住所は大阪府。2003年、初出走。166センチ、47キロ。

Q.これまでのスポーツ歴は?

 「中学では水泳部。乗馬もしていました」

Q.その経験はどう生かされている?

 「乗馬の経験がボートレースに役立った部分はないと思いますが、減量になりました」

Q.印象深いレースは?

 「初めて1着をとったレースです。水神祭をするまでに約1年半くらいかかり、やっと1着になれたのですごく嬉しかったです」

Q.目標は?

 「レース中、他の人に迷惑をかけないことです」

Q.目標のレーサーは?

 「いっぱいいてます」

Q.ベスト体重の保ち方は?

 「少しでも体重が増えるとすぐに落とす。食生活も常に気をつけてます」

Q.好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

 「好きな食べ物は果物です。嫌いな食べ物はないです」

Q.プライベートの服装は?

 「ボーイッシュな服からスカートも着たり。気分で服は色々と決めてます」

Q.チャームポイントは?

 「女子選手の中では珍しい身長」

Q.レースの移動や旅の必需品は?

 「レースのときは小説です。宿舎で読んだりします。プライベートのときは特にないです」