調教師の手作り料理

2011.02.26

 調教師と一緒に食事をすることはある。しかし、まさか手作りの料理を口にする機会があるとは思わなかった。

 昨夏の函館出張時。あるトレーナーの根城になっているという居酒屋に出かけると、「よう来たなあ」とアロハに短パン姿(!)で出迎えてくれたのが須貝彦三調教師。ウエイターのように給仕をしてもらい恐縮していると、出てきたのは何と須貝師特製のエビフライ。カラリと揚がって、とても美味しかったのをよく覚えている。

 さらにトイレに掛けられていた書を眺めていると落款には“彦”! インタビューで「本当になりたかったのは料理人か画家」と語っていたのには、思わず深くうなずいてしまった。

 その須貝師も定年。今後は心おきなく風流道を歩んでもらいたい。そして今年の函館でこそ、自慢のフカヒレスープをご馳走になりたいものだ。(漆山貴禎)