zakzak

記事詳細

ダイハツ・ムーヴカスタムがマイナーチェンジ ワルと優しさ両立…性能考えれば150万円は安い

★ダイハツ・ムーヴカスタム

 まったくクルマってのは不思議だ。ますますワイルドなワル顔になりつつ、安全装備も充実させるという、人間じゃ考えられない正反対の成長を遂げてるんだからして。8月にマイナーチェンジしたダイハツ・ムーヴカスタムだ。

 ムーヴはスズキ・ワゴンRと肩を並べる軽トールワゴンのベストセラーで、中でもカスタムは外観を男性向けにワイルド化したもの。今までも結構イカつかったが、今回さらにテカテカなメッキグリルやオマエはミニバンか! と言いたくなるほどの2段式LEDヘッドライト、ビックリするくらいにとがったタテ型フォグランプを備えている。

 同時にグレードにもよるが、インテリアも豪華になり、インパネやドアパネルにメタリックパネルやシルバーでフチ取りしたブラック調パネルを備えてプチワイルド化。

 一方走りは52psのノンターボ、64psのターボともに基本的な変更なし。ムーヴ独自の外板に剛性を持たせるDモノコック構造により、剛性は十分。ステアリングはややダルだが、軽にしては上出来なレベル。

 それより大きいのは最近はやりの先進安全機能の進化で、今まで一部の軽しか付いてなかったスマアシIIIことスマートアシストIIIを装備。

 世界最小サイズのステレオカメラに超音波センサーを組み合わせたもので、時速50km以下ではあるが、衝突回避支援ブレーキが歩行者対応になった。これは対クルマなら時速80km以下まで使え、適応範囲はかなり広い。

 価格はスマアシIIIを含めて約150万円と単純に安くはないが、性能を考えると安いもの。しかし、ワルと優しさを両立させるなんて軽もなかなかやりますな。(自動車ジャーナリスト・小沢コージ)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう
今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング