zakzak

記事詳細

「住まなくなった実家」の意外な活用術とは 中高年の一定数が「始末」に悩み…

 連休中、実家で何日か過ごした人もいるはずだ。すでにご両親ともに亡くなり、実家の整理に勤しんだ方もいることかと推測する。

 私のところにはメディアから原稿執筆依頼などがくるが、定番のテーマは「実家の始末」的なこと。都会に住む中高年以上の一定数が、実家の始末に悩んでいる。

 肉親が健在ならいい。しかし、誰も住まなくなって、自分が相続した場合は悩ましい。まず、費用が掛かる。マンションなら管理費や修繕積立金。戸建も固定資産税の納税義務が生じる。

 それなら売ればいいのだが、今の日本では地方の田舎や都会でも遠隔郊外となると買い手が現れない。

 前回も当欄で触れたが、数年前から「家をタダであげます」というサイトが各地で生まれている。それを利用して、上手に手放すのも1つの選択肢だ。中には「3年分の維持費を払ってくれれば所有権を当方に移転しますよ」という業者まである。「あなたの不動産をマイナス××万円で買い取ります」というビジネスモデルだ。

 多くの人は自分の思い出が詰まった実家の住まいを、そういうカタチでは手放したくないはず。それよりも「できれば誰かに住んでほしい」と考えるのが人間の情だ。しかし、買い手や借り手を探すのは容易ではない。

 1つ提案をしたい。恒常的に借りてくれる人を見つけるのは難しくても、一時的に「住みたい」「泊まりたい」人を見つけるのは容易かもしれない。

 多くの人は自分の実家について「あんな何にもないところに泊まりにくる観光客なんて」と考えている。そこは頭を柔らかくしよう。日本は今、大変なインバウンドブーム。今後も増え続け、それも大半がリピーターになるはずだ。

 われわれが海外旅行した時、観光地ではなくローカルな場所を訪れたり、現地の人々と交流できれば、それは大きな喜びとなる。日本に来るインバウンドも同じ。辺鄙(へんぴ)な場所こそリアル・ジャパンなのだ。

 まず、実家の周辺で活動している民泊やシェアハウスの代行業者がいないかネットで調べる。見つかったら連絡を取り、実家がそういうことに使えないか見てもらう。民泊やシェアハウスの場合、家具や什器はそのまま生かせる。そうすれば、思い出の品を泣く泣く捨てなくてもよい。

 ■榊淳司(さかき・あつし) 住宅ジャーナリスト。同志社大法学部および慶応大文学部卒。不動産の広告・販売戦略立案・評論の現場に30年以上携わる(www.sakakiatsushi.com)。著書に「マンションは日本人を幸せにするか」(集英社新書)など多数。

関連ニュース

アクセスランキング