zakzak

記事詳細

「無風感冷房」の居心地と寝心地 東芝ルームエアコン「大清快 F-DXシリーズ」

 東芝ライフスタイルが発売したルームエアコン「大清快」の新製品「F-DXシリーズ」は、独自の無風感冷房が特徴だ。市場想定価格は、12万~18万円前後(税別)。

 無風感冷房とは、冷風をシャワーのような細かい風に分解して送風する仕組み。リビングのソファーに座ったと想定した、エアコンからの距離2・5メートル、床からの高さ60センチの位置では、0・2メートル毎秒以下の風となって、部屋を冷やしながら、体に冷風を感じにくい冷房を実現している。

 第3のルーバー(風向きを調節する板)として、「風カットルーバー」を設置。細かく開けられた穴に風を通すことで、細かく変化した噴流が、下側から出ている通常の冷房風を引き込む「かき混ぜ効果」によって冷風のかたまりを砕き、無風感の風に変えるという。風カットルーバーは、エアコン本体中央部に設置した温冷熱センサーによって、室内が快適になったと判断した時点で稼働する仕組みだ。

 無風感冷房は、東芝ライフスタイルの親会社である中国マイディアグループが持つ技術を活用したものだという。

 2018年の夏は記録的な猛暑だった。調査によると、エアコンをつけている時間が長くなったという人は68%にもなり、就寝時に冷房をつけっぱなしにすることが増えた人は28%、就寝時にタイマーを切るまでの時間が長くなった人は23%に達している。猛暑によって、日本の夏は、エアコンを長時間つけたまま過ごすスタイルが増えているというわけだ。

 その一方で、冷房によって体調を崩したことがあるとした人は27%、手足の冷えやむくみなどが発生したことがある人が15%となり、冷房の風にはできるだけ当たりたくないという人は76%にも達している。

 厳しい暑さを乗り切るには冷房は必需品であるが、冷房の風には長時間当たりたくないというのが、多くの利用者に共通した意見だ。

 大清快の新製品は、無風感冷房によって「風の質をケア」することで、居心地も寝心地もいい冷房を目指したもので、無風感冷房を1時間運転した際に、通常の冷房と比べて、足や手の冷えが少ないことが検証できたという。

 20年間にわたって進化を遂げてきた東芝独自のお手入れ不要の「プラズマ空清」も搭載。花粉やPM2・5といった家庭内のさまざまな汚れ物質を熱交換器に吸着し、結露水で屋外に排出することができる。

 同社では、快適、省エネ、清潔、空気清浄、遠隔操作に加えて、無風感という6つめの新たな価値を提供できるエアコンと位置づけている。

 世界第2位の家電メーカー、マイディアグループとのシナジー効果が発揮された東芝の新たなエアコンだ。(ジャーナリスト)

 ■大河原克行(おおかわら・かつゆき) 30年以上に渡って、IT・家電、エレクトロニクス業界を取材。ウェブ媒体やビジネス誌などで数多くの連載を持つほか、電機業界に関する著書も多数ある。

関連ニュース

アクセスランキング