ZAKZAK for mobile

【男のみ・だ・し・な・み】ルーペ付きの提げ時計は“それなりの方”に贈ろう

記事詳細

【男のみ・だ・し・な・み】ルーペ付きの提げ時計は“それなりの方”に贈ろう

 今年の母の日は5月14日だが、諸兄は母上や奥さんに贈るものを決めておられるだろうか。これがなかなかむずかしい。知人の奥さんに聞いたらエプロンやかっぽう着、まな板や包丁などの台所用品などは絶対ノーだという答えが返ってきた。なぜかと聞けば、私にまだこれ以上働けということなの(母上)とか、私の家事や料理に不満を言うのか(奥さん)と思われてしまうそうだ。

<< 下に続く >>

 家電製品も同様らしいが、日ごろ新しい掃除機が欲しいなどと言っているのを聞いていれば喜ばれる。母上や奥さんと日常的に会話があれば何が喜ばれるかがわかるだろうが、そういう時間がないとむずかしい!

 私は義母が13年前、母は一昨年末に亡くなったので贈ることができない。私の母はおしゃれが大好きだったので、社会人になったときから毎年何を贈ろうかと考えるのが楽しかった。仕事の合間にショーウインドーをのぞいては、あれこれ見定めたものだ。

 自分なりにこれと決めたものにカーネーションを1本添えて贈っていたが、気に入らないものであってもいつも喜んでくれた。贈るものを何が良いかを聞く諸兄もいるだろうが、それでは贈るものを探す楽しみがなくなるし、贈られる本人もそれを開けるときの喜びがなくなってしまう。母が亡くなってからは家人だけに贈るようになったが、何にしようかと考え探す楽しみは変わらない。

ランキング