zakzak

記事詳細

昭恵夫人のスピリチュアルな迷走 「愛の人」ゆえに利用されやすいのかも… (1/2ページ)

 春先から日本列島を席巻した学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地売却問題。さまざまな人物が登場し、テレビ各局もワイドショーで連日取り上げていたが、浅田真央さん(26)の引退などでしばし静観といったところか。

 そのなかで、籠池泰典前理事長をはじめ籠池一家にとどまらず、もう一方の当事者である安倍昭恵夫人は人格、行状まで取り沙汰されることとなった。

 そのキーワードが「スピリチュアル」。水に良い言葉をかけるときれいな水になるという「波動理論」。

 昭恵氏はその提唱者の故・江本勝氏の影響を大きく受けたという。2012年に開店した居酒屋「UZU」は日本神話アメノウズメノミコトから取っており、神道に傾倒していた。

 そうした中、神道系小学校開設を目論んだ籠池家との交流が生まれたのかもしれないが、脇の甘さを指摘されるのは致し方ない。いったい昭恵氏はどんな人物なのか。

 03年に安倍総理が自民党幹事長に抜擢された際、彼女の実家を取材させてもらった。森永製菓創業者一族ゆえ気構えたが、実に気さくな対応でびっくりした記憶がある。

 昭恵夫人は幼稚園から聖心女子学院の生粋のお嬢さまだが、母堂の話を聞き、あたたかい家族に育まれてきたんだなと感じた。

 また私は、15年の経済誌で本人を独占インタビューした。テーマは「女性が輝く社会」に向けてのメッセージ。首相官邸で夫人付きのあの谷査恵子氏とも会った。スラリと背の高い昭恵氏と小柄で控えめな谷氏はとても良いコンビだった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう
今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング