zakzak

記事詳細

愚かで危険な坂口杏里、ホスト、借金の質問に笑顔一転… 1月の単独インタビューで見せた不安定さ (1/2ページ)

 ダボダボの白いセーターに膝の出たグレーのスウェットパンツ、マスクで顔を覆ったANRIこと坂口杏里(26)は原宿署を釈放された時、報道陣に向かい無言で一礼。たくし上げたスウェットの裾からのぞく素足と、かわいらしいピンクのプラスチックサンダルが物悲しかった。

 私は今年1月、フジテレビの「バイキング」で彼女を独占インタビューしたばかり。突然の逮捕のニュースに驚いたというよりも、やはりそんな結末となったかと無性に残念な気持ちになった。歌舞伎町の知り合いのホストに「3万円貸して」と詰め寄ったことが脅迫未遂となり警察の厄介に。「どうして私が?」。おそらく彼女はそう思っているに違いない。

 インタビュー中で私が感じたのは、彼女の危うげな心、不安定さだった。カメラの前で話してくれた勇気に感謝はするものの、最後まで本当のことを打ち明けることはしなかったように思う。

 タレントからAV女優に転身した理由について、ホストクラブ通いで散財したからではないかと尋ねたが、本人は「それはないですね」ときっぱりと否定。

 ホストクラブ通いの有無を問うと、「飲みには行ったけれども、そんなに高額は使わない」と弁明した。借金はありますかと畳みかけると、「まったくないです」。饒舌に語っていた彼女がこれらの質問に対しては笑顔から一転、挑むような目で強い口調に変わった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう
今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング