zakzak

記事詳細

橋本市議、もはや「アウトです」 業者が覚悟の告白、架空発注疑惑は言い逃れできない決定打に (1/2ページ)

 「今井絵理子」が溺れる「不倫市議」の怪しい政活費-。こう見出しがついた「週刊新潮」のスクープは、橋本健・神戸市議(37、自民党神戸市議団)を絶体絶命にする一撃となった。

 SPEEDの今井絵理子・参院議員(33)の略奪不倫報道から1カ月。恋人手つなぎ新幹線移動やバスローブ姿でホテル自室に招き入れる決定的場面を写真で報じられながらも、お互い「一線を越えていない」と押し切ったふたり。

 「政治の世界は一般人の感覚とはかなりずれていて、たとえ不倫で騒がれようが、本人が否定しているならば、政務とは関係ないとして咎めないし、議員を辞める必要もない。ただしカネの問題だけはアウトです」(政治部記者)

 橋本氏は「ハシケン通信」と題した広報チラシを2010年度からの5年間に50万部以上発行・配布。政務活動費として約720万円を受け取っていたのだが、架空発注の疑いを指摘された。

 会見を開いた橋本氏は「知り合いの業者にデザインを発注し、印刷自体は別の業者が請け負った」と疑惑をキッパリと否定。市民への配布については「証明できる資料等がない。どうしたらいいか悩んでいる」と謝罪。1回8万部のチラシの大半を「自分で投函した」と主張し、余ったチラシは破棄したため残っていないとした。

 橋本氏は大汗をかいた前回の釈明会見に続き、なんとかその場を乗り越えたかに見えたが、なんと、件の知り合いの業者がその主張を覆すようなコメントを発表したのである。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう
今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング