zakzak

記事詳細

西城秀樹さん、脳梗塞から壮絶リハビリで復活も… 関係者は絶句「もう一度ステージに立ってほしかった」 (1/3ページ)

 1970年代に郷ひろみ(62)、野口五郎(62)とともに「新御三家」と呼ばれ、「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」など数多くのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で死去した。63歳だった。西城さんは2003年と11年の2度、脳梗塞を発症、右半身まひなど後遺症と闘いながら過酷なリハビリに耐え、ステージに立ち続けていた。3人の子供の成長を見届けながら、ついに力尽きた。

 不死鳥のように何度も立ち上がってきた永遠のアイドルも、今度ばかりは病魔に勝てなかった。西城さんに近い関係者は、「十分すぎるほど頑張ってきたが、もう一度ステージに立ってほしかった…」と絶句した。

 70年代には派手なアクションとワイルドな歌唱力でトップアイドルに君臨。芸能人の運動会では、アスリート並みの心肺機能で活躍した西城さん。

 80年代以降は、大人のラブソングの名手としてファンを魅了したが、2003年6月、48歳のとき、脳梗塞を発症した。韓国のホテルでディナーショーの後、突然左の頬がゆがみ、まっすぐに歩けなくなった。

 帰国後の精密検査で、脳の血管に7ミリ大の血栓が見つかり入院。後遺症で徐々にろれつが回らなくなった。

 西城さんは昨年4月、夕刊フジ「健活手帖」で闘病インタビューに応じた。「歌手としてこんなに致命的な病気はない。人生これで終わったと思いました」と当時を振り返っていた。

zakzakの最新情報を受け取ろう

アクセスランキング