zakzak

記事詳細

東てる美、肺腺がん手術へ テレビ番組の企画で早期発見

 女優の東てる美(61)が近く、肺腺がんの摘出手術を受けることになった。テレビ番組の検査で判明。ステージは1Bと早期で、腫瘍も3センチほどと小さいため、すぐに手術に踏み切ることになった。しばらく仕事を休んで療養に努める。

 関係者によると、東はTBS系「名医のTHE太鼓判!」の企画で5月に人間ドックを受診。エックス線検査で左肺に影が見つかったため、6月に精密検査を受け、肺腺がんと診断された。本人には自覚症状がなく悪性の腫瘍だったことに驚いていたという。現在は手術日程を調整している。

 肺腺がんは症状が出にくく、発見は難しいとされる。歌舞伎俳優の中村獅童(45)や、女優の故野際陽子さん、ET-KINGの故いときんさんが罹患したことでも知られる。

関連ニュース

アクセスランキング