zakzak

記事詳細

気象予報士になる! 「夢実現」で叶った旧友との“再会”

 学生時代の同級生って卒業以来全く会えていないし、大人になった今、何をしているか分からない…。そんな人を捜して、久しぶりに再会するというテレビ番組がありますが、最近リアルにそんなことがありました。

 インスタグラムに突然メッセージがきたのです。

 「小学校で一緒だった◯◯です。覚えてるかな? 今テレビで見て、思わず検索して連絡しちゃいました」

 連絡をとるなんて小学校卒業以来です。もう20年も前! 懐かしすぎます! 小学校時代にかわいかったその子は、インスタグラムの写真から見るに昔の面影もしっかり残りつつ、さらにきれいになっていました。

 しかも「小学校の時から気象予報士になりたいって言ってたから見てテンション上がって連絡した」とのメッセージ。覚えてくれていたことに感動しました。

 そうなんです。私、酒井は小学校の卒業文集の将来の夢のところに「最年少の気象予報士」と書いていたんですね。

 気象予報士の制度ができたのが1994年のこと。ちょうど小学生のときに、第1回気象予報士試験が行われたとか、有名なキャスターさんが試験に落ちたとか、そういったことがニュースで取り上げられていました。

 小さな頃から空を見るのが好きだったので、中学生になったら気象予報士の勉強をしようと思ったのです。当時から目立ちたがりだったこともあり、中学生で試験に受かれば最年少になるから目立てるかもしれない、という考えもありました。

 ただ中学生になると、楽しいことがたくさんあって気象予報士の勉強など全く忘れてしまいまして…。「最年少の」というのは無理だったのですが、ずっとどこかに気象予報士への憧れはあり、社会人1年目で取得しました。

 大人になった今、小学生の頃の夢を半分かなえているのは本当に幸運だなぁと思います。しかもテレビを見てくれた旧友が連絡をくれるなんて。

 大好きなお仕事をさせていただけているからこそ、もっと頑張らなきゃなとも思います。ということで、今日の心模様は「快晴」!

 ■酒井千佳(さかい・ちか) 気象予報士、フリーアナウンサー。1985年5月18日生まれ。兵庫県出身。京大工学部建築学科卒業後、北陸放送、テレビ大阪での局アナを経て、2012年4月、フリーに転身。アナウンサー1年目に取得した気象予報士の資格を生かし、「Oha!4 NEWS LIVE」(日本テレビ系)、「おはよう日本」(NHK)に出演。18年4月から「プライムニュース イブニング」(フジテレビ系)の「お天気コーナー」レギュラー。座右の銘は「為せば成る」。

関連ニュース

アクセスランキング