zakzak

記事詳細

電撃婚!濱松恵が旦那に突きつけた恐怖の奴隷契約 「エッチはまだオ・ア・ズ・ケ」

 元光GENJIで俳優の大沢樹生(49)やお笑いトリオ、東京03の豊本明長(43)らとの交際で話題を集めたタレント、濱松恵(35)が10日に結婚するという。お相手は27歳のパーソナル・ボディートレーナー。結婚したらおとなしくなるのかと思いきや、「これからもぶっちゃけますよ!」とますますヒートアップのご様子だ。

 お相手とは知人の紹介で今年2月ごろに知り合ったというから、超スピード婚。男性が「過去も全部分かった上で結婚してほしい」と迫ってきたほどゾッコンだという。

 「ぼーっとして、私のタイプじゃなかったけれど、アスペルガー症候群を抱える14歳の娘が心を開いたのが結婚の決め手でしたね」と明かす。

 ところが、結婚には驚くような条件が付いているという。

 「私の過去、プライベート、仕事には一切口を出さないという契約書を書かせたんです」というが、万が一破ったときは慰謝料の支払いだけでなく、経営するジムもたたませるという内容。さらに「エッチも、きちんとできるようになるまでオアズケなの」というから、まさに“奴隷契約”というべきか。

 「でも、私はその分、家事は文句をつけさせないぐらい完璧にやってますよ。突っ込まれたくないんで。夫婦になるとはいえ他人同士。結婚って“計算”なんですよ。母からもそうやって教えられてきましたから」

 何とも恐ろしい話だが、濱松がどんな家族で育ってきたかを知ると、そのわけも見えてくる。10日に発売される自叙伝「黒い薔薇」(サイゾー)には、「私の黒歴史」と語る壮絶な半生が描かれている。

 2歳から子役として活躍しているだけに、芸能界の舞台裏もたっぷり。濱松の上を通り過ぎていった男たちの“暴露話”もしっかりと盛り込まれているというのだ。

 「小、中、高校、20代と何度も死ぬと思った場面があったけど、それでも生きている。人間ってそんなに簡単には死ねないのよ」とズバリ。

 「死ぬか、生きるかの瀬戸際で生きてきたから、周りから何を言われてもどうとも思わない。むしろ、何か言うなら、私と同じような体験をしてからにしろと」

 さらにショートドラマを自主製作して、女優としても返り咲く狙いだ。

 「クラウドファンディングで資金を集めます。SEXで変なプレーを求めてくる神社の息子との内容です」というから、6股交際で話題を集めた狩野英孝(36)との交際を思わせる。さらに第2弾、第3弾では、超大物俳優との情事を再現することも構想中だというから、戦々恐々としている御仁も多いのでは。

 「結婚するからといって、収まったりはしないわ。これからもぶっちゃけていきますよ」

関連ニュース

アクセスランキング