zakzak

記事詳細

【サザンオールスターズ40周年への轍】2004年「連続シングル初登場1位」記録を更新!

★第25回

 新潟県を中心にした震度7の「新潟県中越地震」が発生し、最多10個の台風が上陸し、各地で被害が拡大。北朝鮮に拉致されていた蓮池さん、地村さん、曽我さんの家族が帰国した。アテネオリンピックでは日本がメダルラッシュに沸き、「チョー気持ちいい」が流行語に。イチローが大リーグの年間最多安打を記録した2004年-。

 4月にニューシングル「彩~Aja~」を発売したのを皮切りに、サザンオールスターズは1年間で3枚のシングルをリリースするなど精力的に活動を行った。

 通算48作目のシングル「彩~Aja~」は、日本航空(JAL)の「FLY!JAL!」キャンペーンCMソングとしてオンエアされ、CMには桑田佳祐本人も出演した。ちなみに同曲は4月に発売されたこともあって「SPRING SINGLE」とし“春”を強調していた。

 続いて7月には、夏の“2★TOP SINGLE”(両A面シングル)として「君こそスターだ/夢に消えたジュリア」をリリース。サザンが両A面でシングルを発売したのは「シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー」(1980年)以来、実に24年ぶりだった。

 「君こそスターだ」はこの年のアテネ五輪開催に合わせ、日本中の頑張る“君への応援歌”として、トヨタ「MORE THAN BEST」のCMでオンエア。「夢に消えたジュリア」は、前作に引き続き「FLY!JAL!」キャンペーンCMソングとなった。

 11月リリースの50枚目のシングル「愛と欲望の日々」は、フジテレビ系ドラマ「大奥~第一章~」の主題歌。サザン初の“時代劇主題歌”だったが、ドラマの世界観と絶妙にマッチするダンスナンバーだった。

 この年に発売された3枚すべてがオリコン・チャートに1位で初登場。自身の連続シングル初登場1位の記録を5に伸ばした。

 さらに「君こそスターだ/夢に消えたジュリア」がシングルチャートトップ10入り通算39作目となり、歴代1位の座に長く君臨していた田原俊彦の記録に並び、「愛と欲望の日々」で記録を更新。同記録の単独トップとなる。

 7月にはライブハウス・ディファ有明でファンクラブ限定シークレットライブ「サザンオールスターズ真夏の夜の生ライブ~海の日スペシャル~」を一夜限りで開催。生で体験できたのは、わずか1500人という貴重なライブ。フジテレビ系でライブハウスから生中継された。

 11月30日~12月2日の3日間は、ファンにとってすっかり初冬の風物詩となったAAAをパシフィコ横浜国立大ホールで開催。12年目は「桑田佳祐Act Against AIDS ’04 THE GOLDEN AGE OF BRITISH ROCK~愛と青春の英国ロック~」と題して、60~70年代のUKロックをカバー。THE WHOやディープ・パープルなどの名曲を時間軸に沿ってロックの歴史をたどるようにたっぷりと聴かせた。

 年末には「サザンオールスターズ 年越しライブ2004-2005『暮れのサナカ』」を横浜アリーナで開催。ツアータイトルは、この年大ブームとなった「冬のソナタ」のもじり。2000年以来4年ぶり、ファン待望の、サザンの年越しライブ復活だった。(芸能ジャーナリスト・渡邉祐二)

関連ニュース

アクセスランキング