zakzak

記事詳細

【サザンオールスターズ40周年への轍】2006年 真夏の野外フェス「夢人島」に12万人が燃えた!

★第27回

 ニッポン放送株の買収で時の人となったライブドアの社長だったホリエモンこと堀江貴文氏が証券取引法違反容疑で逮捕。トリノ冬季五輪で荒川静香選手が金メダル獲得、「イナバウアー」は流行語大賞となった。夏の甲子園では早稲田実業高校が初優勝して「ハンカチ王子」が大人気に。さらにWBCで王ジャパンが優勝するなど、スポーツの話題で沸いた2006年-。

 前年(05年)発売したアルバム『キラーストリート』は日本レコード協会が主催する「第20回日本ゴールドディスク大賞」で「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 3月に発売したライブDVD『FILM KILLER STREET (Director’SCut)&LIVE at TOKYO DOME』はサザンとしては初のドキュメント映像を含めたものだった。

 8月には約1年ぶりの通算52枚目のシングル『DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~』をリリース。フジテレビ「お台場冒険王2006」のテーマソングにもなった。同曲はオリコン初登場1位を獲得、通算トップ10入り作品数が42作となり、自身がもつ歴代1位の記録を更新。通算トップ10入り週数も240週となり、山口百恵の記録を抜いて、こちらも歴代単独トップとなる。

 勢いを加速させたサザンは、真夏の一大イベント「THE 夢人島 Fes.2006 WOW!! 紅白! エンタのフレンドパークHey Hey ステーション…に泊まろう!」(浜松市・浜名湖ガーデンパーク)に突入した。

 これは、前年のライブツアー中、桑田佳祐が「次は無人島かなにかでライブがやりたい」と発言したことに端を発している。さらに「サザンオールスターズもメンバー5人の年齢を合わせて“生誕250年祭”でもあり、日頃たくさんの応援をいただいている皆さまととびきりすてきな夏の思い出を作りたい」という発想から企画がスタートしたとも語っている。

 そんな桑田の呼び掛けに賛同したアーティストたちにより、この夏限りの大型野外ロックフェスは実現した。参加アーティストは福山雅治、ポルノグラフィティ、BEGIN、加山雄三、GLAY、Mr.Children、Dragon Ashらという世代を超えた豪華な面々だった。

 メーンステージでは、アーティストチェンジのたび、合間を埋めるように桑田が登場。歌い終わったグループのメンバーとセッションして夏の名曲カバーを披露するなど、旗振り役として観衆を飽きさせず、ステージへとひきつけた。

 両日ともトリを飾ったのは、もちろんサザンのヒットナンバー満載のステージ。フィナーレの『希望の轍』では参加したバンドのボーカリストたちも加わり、熱唱と花火で、2日間にわたり12万人を沸かせた夏の日の祭典をしめくくった。

 11月30日~12月2日の3日間は、桑田が恒例のAAAをパシフィコ横浜国立大ホールで開催。「Act Aginst AIDS’06 星条旗よ永遠なれ?!~私のアメリカン・ヒーローズ~」と題し、オールディーズに始まり、リトルフィート、ビーチボーイズ、ビリー・ジョエルなど桑田が影響を受けた1960~70年代のアーティストの名曲37曲を熱唱した。(芸能ジャーナリスト・渡邉裕二)

関連ニュース

アクセスランキング