zakzak

記事詳細

「2000万円」という数字が一人歩き… 年金「払わない」若者たちの未来は暗いのか?

 金融庁の「老後資金は一世帯あたり2000万円不足」という報告が世間を心底ガッカリさせている。

 これは実際には当たり前の計算式で、65歳の無職夫婦が年金を毎月約20万円受け取り、生活費が26万で、毎月の赤字は約5万円。1年で赤字が約66万円。夫婦で95歳まで生きる場合には、約66万円×30年で、約2000万円の貯蓄が必要というとても分かりやすい計算式なのである。

 しかし、いきなり出された2000万円という数字が一人歩きしてしまい、この不透明な時代に2000万円の貯金がない奴は生きられないというようなひどい話になってしまった。

 しかも麻生太郎・金融担当相の独特の「100歳まで生きる計算をしたことあるか?」という独特の言いっぷり(その後報告書の受け取りを拒否するが)が、世間の反感を買ってしまい、「年間赤字約66万×30年」というシンプルな話を冷静に語る機会を完全に失ってしまったようである。

 本当なら現実的な問題に対して、高齢者がいつまでも働ける環境作りや生活費への減税などということを語り合い、毎月の赤字5万円を「黒字」に変えるという未来志向の話をしなければならないはずである。

 しかし冷静さを欠いた騒ぎが起きるほど、若者たちの年金制度への不信感は大きくなるばかり。数年前、20代の芝居関係の後輩から当たり前のように聞いた言葉がある。

 「うちらの世代はサラリーマン以外は国民年金なんか払ってないです」

 私は払う払わないの善しあしよりも、その言葉を言うときの、彼らのすがすがしい笑顔に驚いた記憶がある。一片の負い目もない感じであった。

 私たちがもう少し若かった時でも、年金を払わないことは大いに問題だった。年金のCMに出ていながら、年金の未払い期間があったタレントがバッシングを受けたこともあった。決して不払いをすがすがしく語れるような世相ではなかったということだ。

 私が見てきた同世代の国民年金の未払いケースでも、自分は金もないし、年金自体もよく分からないから、申し訳なさそうに「払ってないんですよ…」というような雰囲気であった。

 要するに、払う払わないの善しあしから始まり、将来的に年金がどうなるのかといった問題の全体像自体がよく分からないままであった。何となく国に言われる通りに税金のように払っていたというのが現実だろう。

 だが今の世代は「国民年金・破綻」とネット検索するだけで、少子高齢化は今以上に進み、年金保険料を払う世代より、受け取る世代が増えるという問題点をシンプルに知ることができる。

 私も検索してみたが、確かに楽観論もあるが、その構造矛盾などを分かりやすく専門家が説明している。私が若いときにそのような情報を得ていたらどう感じたかは言わずもがなである。

 そんな私自身は65歳を過ぎても好きな芝居や芸事だけで足腰が立たなくなるまで食べていけるように、若いときとはまったく違った形で知恵を絞りながら芝居や芸事に向き合っている。

 多くは不透明だが、不安を払拭できる方法はそれしかないと言うことだけは確かだろう。

 ■大鶴義丹(おおつる・ぎたん) 1968年4月24日、東京都出身。俳優、小説家、映画監督。88年、映画『首都高速トライアル』で俳優デビュー。90年には『スプラッシュ』で第14回すばる文学賞を受賞し小説家デビュー。

 主な出演番組は『アウト×デラックス』(フジテレビ系)など。現在、新宿花園神社特設テントで公演の舞台『蛇姫様 わが心奈蛇』(24日まで)に出演中。

関連ニュース

アクセスランキング