zakzak

記事詳細

アナウンサーの美味しい副業 最近のトレンドは飲み会斡旋

 お笑い芸人たちの「闇営業」でクローズアップされている芸能人の“美味しい副業”。じつは芸能人だけでなく、アナウンサーも副業に勤しんでおり、かつては「結婚式の司会」がその代表格だった。あるテレビ局OBが語る。

 「企業経営者や幹部の結婚式の場合、1回で30万円、人気女子アナには50万~60万円が謝礼として支払われていた。局を通していないのでお金は自分の懐にまるまる入るし、基本的に領収書も書かなくていい。そのうえ“お車代”の上乗せがあることもある。最高に美味しい副業でした」

 だが、10年ほど前から各局でルールが変わり、いまでは結婚式やイベントの司会などは、基本的に局を通さなければ引き受けられないようになっているという。

 「受け取ったギャラは一旦全額局に納めて、そこから一部が支払われるという形になりました。手取りが1万~2万円ということもあり“割に合わない”と、司会アルバイトは衰退しました。局に無断でイベントの司会を引き受けて処分された男性アナもいます」(前出・テレビ局OB)

 変わって近年アナウンサーの間でトレンドになっているのが、「飲み会斡旋」だという。経営者などが集まる飲み会に同僚の女子アナたちを連れていき、斡旋料を貰うのだ。

 「1回の飲み会で15万~20万円が相場だといいます。参加した女子アナにも“タクシー代”として1回3万~5万円の現金が渡される。“ギャラ”と考えれば安いですが、女子アナとしても経営者とのコネができるから大歓迎というのが現実です」(テレビ関係者)

 斡旋者の“ピンハネ”でトラブルになるケースもあるという。

 「人気男性アナAは、“参加者の女性アナウンサーの皆さんに”と渡された車代を半分以上懐に入れていたことが発覚し、大ヒンシュクを買った」(同前)

 企業法務に詳しい平河町綜合法律事務所の高木寛史弁護士が語る。

 「テレビ局は、各企業のスポンサー収入で成り立っている。仮に相手経営者が自身の出演番組のスポンサーだった場合、金品などの便宜を図ってもらうことは利益供与に当たり、コンプライアンス違反に該当する可能性が高い。恒常的に斡旋料を得ていた場合は、局の定める副業禁止規定に抵触する可能性もある」

 実際、2015年には日本テレビの上重聡アナが自宅マンションを購入した際、有力スポンサーから多額の融資を無利息で受けていたことが発覚し、レギュラー番組を降板している。“たかが飲み会”と軽く考えていると、痛い目を見るかもしれない。

 ※週刊ポスト2019年6月28日号

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング