zakzak

記事詳細

失踪する芸能人はKANA-BOONの飯田氏だけじゃなかった! 若人あきらから現代までの失踪者を遡る (1/2ページ)

 日本中を心配させたロックバンド・KANA-BOONのベース・飯田祐馬さんの失踪事件は記憶に新しい。

 飯田さんは6月5日から音信不通となり、13日にその事実が判明。警察に捜索願いが出されたり、バンドメンバーが声明などを出すなど大騒動に発展しましたが、本人は15日深夜に帰宅。

 所属事務所はその後、19日に飯田さんが精神的な病気のために一時音楽活動を休止することを発表されています。発表によると、飯田さんが音信不通になった理由は“音楽活動の中での個人的な不安やプレッシャーが原因”だったとのことです。ネットでは最悪の事態にならなかったことを喜ぶファンの安堵の声が溢れていました。

 参考記事:入信すれば清水富美加(現・千眼美子氏)と結婚できる!? そんな噂が絶えない幸福の科学のお家騒動

 日本中を騒がせた芸能人の失踪事件といえば、『若人あきら』名義で郷ひろみさんのモノマネなどをしていた俳優の我修院達也さんを思い出す人は多いのではないでしょうか。

 我修院さんは1991年、熱海市の海岸で釣りをしていた最中に行方不明に。そして3日後、小田原市で記憶喪失状態で発見されたことがあったのです。当時、この事件はちょっとしたミステリーだとして、かなり話題になりました。

 しかし調べてみますと、実はかなりの芸能人が失踪騒ぎを起こしていることが分かりました。順を追って紹介していきたいと思います。

 関連記事:謎のメッセージを残して姿を消した華原朋美 半年以上経って今なにをしているのかが判明!

 まず1972年に俳優の藤岡弘、さんが起こした失踪事件。

 当時、藤岡さんは『仮面ライダー』の主役を演じて大人気でした。そんな中、藤岡さんはドラマ『赤ひげ』のオーディションを受けて合格。準主役の座を勝ち取ったものの、事務所に黙っての行為だったことや『仮面ライダー』の仕事のスケジュールが詰まっていたことなどもあり、出演が不可能になってしまたのです。

 これにショックを受けた藤岡さんは『仮面ライダー』の撮影などもすっ飛ばして失踪。このせいで『仮面ライダー』の現場は混乱し、放送されたエピソードの内容を変更するなど大変な騒動になったとか。藤岡さんは数週間後に発見され事なきを得たのですが、後年、この失踪を振り返り「イヤな思い出」「思い出したくない」と語られています。

 また、藤岡さんと同じく仕事がイヤになって失踪したのが女優の風吹ジュンさん。

 風吹さんは事務所からの独立問題で揉めており、1974年にはそれがこじれてテレビ局の前で男性数人に連れ去られ、話し合いの場に連行されるという事件が起きています。その際の話し合いで風吹さんは事務所の移籍を一時あきらめたのですが、やはりその後も独立問題は尾を引き、1976年にはテレビ収録をすっぽかして1か月表舞台から失踪するという荒業に出ます。

TABLO

関連ニュース

アクセスランキング