zakzak

記事詳細

DA PUMP、16年9カ月ぶりの日本武道館公演 「U.S.A.」に続くは「バイ~ンダンス」

 16年9カ月ぶりの日本武道館公演。とはいえ、2002年9月22日の武道館公演を経験したのはボーカルのISSA(40)だけ。他のメンバー6人にとっては初めての景色だった。

 7人組ダンス&ボーカルグループ、DA PUMPのライブツアー。6月13、14日に日本武道館公演を無事行い、7月7日には17年10カ月ぶりの大阪城ホールを控える。

 午後6時半開演。その直前にメディアの質疑に応じた。「すがすがしい気分です」というKIMI(36)は「でも、やることは変わらないです」と気負いはない。

 ISSAも「今の僕たちの最大限の感謝を込めて、謙虚に、遠慮もせず、いつも通りの自分たちを出せればいい」と冷静沈着だ。

 オープニング曲は、彼らの輝きを改めて世間に認めさせたヒット曲「U.S.A.」。3層構造のステージの上層部に7人が登場すると、日本武道館は一挙に総立ちのライブハウスと化した。

 ISSAの強靭なのどが繰り出す伸びやかなボーカルがヒット曲を次々に送り出し、そこにダンススキルが重なる。スローバラードもアップチューンも、カラっとした心地よさを感じさせるものばかりだ。

 アンコールでは8月7日発売の今年の第2弾シングル『P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル~』を初めてパフォーマンスした。

 「一度聞いたら忘れられないメロディーにダンス」(ISSA)というノリノリのパーティーチューンで、サビの部分では、上半身を微妙に震わせる“バイ~ンダンス”が決まる。「またバズればいいな」(U-YEAH)という思いが、狙い通りになるか。

 1万人の客席は年齢層も幅広い。デビュー直後のような圧倒的な女子率というわけではなく、なかには『U.S.A.』を一緒に踊る親子連れも目立った。ISSAとメンバーのダンスパフォーマンスのマッチングがうまくいっており、それをファンが支える。ダンス&ボーカルグループとして国民的歌手に脱皮しつつあるのか。

 ライブは2時間強。ラスト間際、ファンのコールに「もう、帰してくれないんだもん」とうれしそうに甘えるISSAは「あれをやりますか!」とあおり、きっちり『U.S.A.』で締め。彼らのショーは観客を心地よく燃焼させて終わる。

関連ニュース

アクセスランキング