zakzak

記事詳細

【サザンオールスターズ40周年への轍】2014、2015年 “灯火”や“金”のフレーズ…東京五輪を見据えた?「東京VICTORY」 (2/2ページ)

 アルバム『葡萄』は15年3月31日に発売された。超大作『キラーストリート』から実に10年ぶりのオリジナル・アルバムになった。「せっかくバンドを再始動させたのだから、時間を空けずに制作に入りたかった」(桑田)と意気込んでいたものだった。

 『葡萄』はオリコン・チャート初登場1位に輝き、1990年代から2010年代まで4世代で“首位獲得”という偉業を達成。アルバムを引っ提げての全国ツアー「おいしい葡萄の旅」は4月11日の松山市の愛媛県武道館からスタート。サザンとしては10年ぶりの全国ツアーだった。

 桑田の軽妙なトークに加え、原由子のソロステージや観客との記念撮影など、これまでにない演出を多数盛り込んだ。桑田は「ご心配をお掛けしたり、励ましてもらってばかりで、ここまできました」とし「皆さんに背中を押されて実現したツアーです」と感謝した。

 ツアーは8月17、18日の東京・日本武道館の追加公演まで全国5大ドームを含む11会場で全23公演を行い、50万人以上を動員。ちなみに日本武道館公演は22年ぶりで、桑田は自身の音楽の原点でもあるザ・ビートルズの名曲をサプライズで披露し、ファンを喜ばせた。

 『葡萄』は「第57回日本レコード大賞」で「最優秀アルバム賞」に輝き桑田はビデオメッセージでコメントを寄せた。

関連ニュース

アクセスランキング