zakzak

記事詳細

共演NG理由は移り変わる、小栗旬&山田親太朗や蒼井優関連

 芸能界には多くの不文律があり、その1つが「共演NG」だ。理由は過去のトラブルや、恋愛絡みであったりとさまざまだが、ここ最近はさらに複雑になってきているという。今をときめく有名人たちの「NG理由」を明かそう。

 テレビ局のベテラン社員はこう明かす。

 「“俳優魂”がぶつかって火花が散るケースはよくありますが、最近の意外な名前としては、2017年公開の映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』で初共演した伊藤英明さん(43才)と藤原竜也さん(37才)。映画では藤原さんが美しい殺人犯、伊藤さんが事件を追う刑事を演じました。ただ熱演するあまり、撮影現場では激しい議論が交わされて、一時は口もきかなくなったことがあったそう。一応、テレビ局のベテラン社員確認リストに入れています」

 予定されていた共同インタビューもなくなり、初日の舞台挨拶を伊藤が欠席したことからさらに“不仲説”が流れたという。

 また、とある映画関係者はこう言う。

 「実際にはNGではないようです。若手代表格の山田孝之さん(35才)や小栗旬さん(36才)もそうですが、最近の俳優は舞台も積極的にこなしますし、演技への思いも強い。バチバチとやり合うことも珍しくありませんが、あくまでいい演技のためなので、不仲にはいたらない」

 その小栗が珍しく共演NGというのは義弟にあたる山田親太朗(32才)だという。

 5月19日に放送された『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)で親太朗は義兄との関係について、「実は…共演NGです」と告白した。

 「実際にトーク番組でも小栗さんの口から親太朗さんの話を聞いたことはほとんどない。ただ、この2人はプライベートではとても仲がよく、小栗さんの妻で親太朗さんの姉の山田優さん(34才)を交えて頻繁に食事をしています。親太朗さんがお子さん2人の面倒を見ることも。小栗さん、親太朗さんとは関係が近すぎてやりづらいため、仕事では一緒にならないようにしているようです」(小栗の知人)

 一方、近すぎるゆえの軋轢から共演NGとなったのは高嶋政宏(53才)と高嶋政伸(52才)だ。

 「以前はバラエティーなどでよく共演していましたが、ここ6年間ほど共演はなし。最近は週刊誌で、父・忠夫さん(88才)の介護問題で兄弟の意見が食い違って関係がギクシャクしたため、互いに共演を断っていると報じられました」(スポーツ紙記者)

 複雑な関係を周囲が思わず気遣ってしまうのは、谷原章介(46才)と石田純一(65才)のケース。テレビ局関係者は続ける。

 「谷原さんの奥さんは、純一さんの息子・壱成さん(44才)の元妻。そういった込み入った関係だけに、テレビ局側が勝手に忖度して2人を一緒にキャスティングすることを避けているとか。もっとも当事者の2人は穏やかなタイプで全然気にしていないみたいですけどね」

 恋愛沙汰で新たな一ページに加わりそうだというのは蒼井優(33才)絡み。

 「山里亮太さん(42才)はもともと、青木さやかさん(46才)をはじめ、芸人仲間に数人NGがいましたが、蒼井さんの夫ということで、蒼井さんの元カレたちとの共演が微妙になりそう。とはいえ、最近は元カノ元カレの共演もシレッと増えているので、NGルール自体が時代とともに変わっているようにも思います」(前出・テレビ局のベテラン社員)

 女性同士の共演NGとはまた違った、男のドラマもありそうだ。

 ※女性セブン2019年7月4日号

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング