ZAKZAK for mobile

【白川みきの究極美肌術】30歳を過ぎてからの日光との付き合い方

記事詳細

【白川みきの究極美肌術】30歳を過ぎてからの日光との付き合い方

 「日本おリボン党」を立ち上げ、党首としてリボンの啓蒙活動をしている私ですが、本業は「美肌研究家」。お肌にハリのある若い女性であっても、これからの時期は「太陽(紫外線)にはなるべく当たらないでね」とアドバイスしています。

 ただ、必ずこのように言い添えるようにしています。「ちょっとは太陽に当たったほうがいいんだけどね」

 なぜなら、太陽に当たらないことは体によくないから。つまり、太陽を浴びる量が少なすぎると、体内のビタミンDが足りなくなって、骨が弱くなるんです。ただでさえ女性は男性よりも骨密度が低く、骨粗しょう症になりやすいのですから。

 骨がもろくなって困るのは、何もお年寄りだけではありません。美肌成分として、女性にはおなじみの存在、「コラーゲン」も関係しているのです。

 コラーゲンは、お肌だけに関係していると思われがちですが、実は骨の中でもしっかり働いているのです。カルシウムだけじゃなく、コラーゲンも骨にとって大事な存在。

 ビタミンDは紫外線を浴びることで体の中で作られますが、食品だと魚の脂肪や肝臓に含まれていて、カルシウムの吸収を助けてくれます。だから、「紫外線は徹底的に避けないほうがいい」というのが最新の考え方。なので、紫外線が強くなる季節であっても、積極的にゴルフや海へ繰り出します。ただし、浴びすぎると紫外線から肌を守ろうとして活性酸素が発生し、皮膚の細胞がダメージを受けてしまうので、顔や手足などの日焼け対策を万全にして。

ランキング