ZAKZAK for mobile

【美酒アナウンサー日記】蒸し暑い初夏にオススメ 冷やした素麺とも相性バッチリ 玉川酒造

記事詳細

【美酒アナウンサー日記】蒸し暑い初夏にオススメ 冷やした素麺とも相性バッチリ 玉川酒造

 とある試飲会で、清酒、発泡生酒、リキュールなどについて営業担当者が特に明るく前のめりに熱弁してくださったのが新潟県玉川酒造との出逢いでした。全国蔵元の出品酒を何十種類と一気に飲ませていただいたほろ酔いで、スーっと喉を涼風が通り抜けるように入ってきたのが本醸造魚沼玉風味。このふんわりした軽やかさと、4合瓶875円でほぼ魚沼でしか消費されていないとう一期一会も嬉しく、日本酒王国新潟へ旅するような気持ちでお酒を購入させていただきました。

 蒸し暑い初夏を迎えるにあたり、魚沼玉風味を自宅でいろいろなお料理と楽しませていただきました。例えば、ほどよく冷やしたお素麺に、みずみずしくやさしい辛みの新生姜をたっぷり伴って、この魚沼玉風味を喉に通すと、一日の疲れがぐっと和らぐようなパワーもいただきましたよ。

 山本剛杜氏によりますと、「1673年創業の玉川酒造は、新潟でも有数の豪雪地帯で全量寒仕込みで醸し続け、魚沼の生活の食の一部として、人々を和ませ優しく癒してきました。良い水のあるところに人々が集う、その良水で醸しているお酒が玉風味です。春はふきのとうの天ぷら、夏は魚沼もち豚や鮎の塩焼き、秋はきのこご飯、冬はもつ煮などと一年中、魚沼の食とともにあります」。

このニュースのフォト

  • 美酒アナウンサー日記
  • 美酒アナウンサー日記
  • 美酒アナウンサー日記
  • 美酒アナウンサー日記
  • 近藤淳子

ランキング