ZAKZAK for mobile

日本版ハロウィーン「百鬼夜行NIGHT」開催 妖怪お面でミスコンも

記事詳細

日本版ハロウィーン「百鬼夜行NIGHT」開催 妖怪お面でミスコンも

 いよいよ今週末はハロウィーンだが、日本古来の妖怪文化を現代に甦らせ、日本発の新たなハロウィーンとして定着させることが目的の企画「百鬼夜行NIGHT」がこのほど、都内で開催された。

<< 下に続く >>

 企画を立ち上げたのは京都大学大学院卒で、紫野レイという芸名でタレント活動し、現在はファッションブランド「Fake」を設立した田中絵梨さん(27)。妖怪などを描く人気日本画家の平良志季さん(26)や、デザイナーの鷹人さん(30)がプロデュースする都内最大級の異業種交流会「ハニコレ」とのコラボで実現した。

 また、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」で資金調達され、オリジナルの妖怪お面の制作、お面の印刷費、会場演出の映像制作費に充てたという。

 企画名になっている「百鬼夜行」とは、多くの日本の物語に登場する伝説で、鬼や妖怪が群れ歩く様を表しているといい、ここ数年、ハロウィーン当日に仮装した人々が大勢集まるようになり、一部メディアで昨年の渋谷の様子は「現代の百鬼夜行」と称されている。

 イベント当日は参加者全員に平良さんが描いたお面が配布され、思い思いのスタイルで被られていた。またミスコン出場者もお面姿で登場するなど、盛り上がっていた。

 田中さんは「伝統の百鬼夜行を日本版ハロウィーンとして現代によみがえり、盛り上がって良かった」と話した。

このニュースのフォト

  • 日本版ハロウィーン「百鬼夜行NIGHT」
  • 日本版ハロウィーン「百鬼夜行NIGHT」
  • 日本版ハロウィーン「百鬼夜行NIGHT」
  • 日本版ハロウィーン「百鬼夜行NIGHT」
  • 日本版ハロウィーン「百鬼夜行NIGHT」
  • 日本版ハロウィーン「百鬼夜行NIGHT」
  • 日本版ハロウィーン「百鬼夜行NIGHT」

ランキング