ZAKZAK for mobile

AKBドラマ「豆腐プロレス」第3話 あと2日で3人の仲間を集めなければ…!“錦糸町道場”の運命はどうなる!?

記事詳細

AKBドラマ「豆腐プロレス」第3話 あと2日で3人の仲間を集めなければ…!“錦糸町道場”の運命はどうなる!?

 AKB48グループがガチンコでプロレスに挑む連続ドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系)の第3話が4日深夜0時45分から放送される。リーグ参加を目指して仲間集めに奔走する宮脇咲良(18)ら錦糸町道場のメンバーたち。残り時間が少なくなる中…。

<< 下に続く >>

<あらすじ>

 錦糸町道場の復活を目指す咲良は高校でスカウトを開始。読者モデルとして活躍する加藤玲奈(19)、吹奏楽部でサックスを担当する万年補欠の古畑奈和(20)、ケンカ好きな不良の木崎ゆりあ(20)など、咲良が懸命に説得するも、誰もプロレスに興味を示さない。

 そんな中、咲良たちのライバル、白金ジムオーナーの矢崎英一郎(渡辺いっけい、54)が、ふらりとやって来た。矢崎は、現役女子高生だけの女子プロレスリーグ「WIP(ワールド・アイドル・プロレスリング)」の登録締め切りまであと2日しかないと告げ、咲良たちが女子プロレスで勝てなければ土地も家もすべてを奪うと宣告する。依然として錦糸町道場のメンバーは咲良のほか、親友の向井地美音(19)と、亡き父・ウロボロス洋平(菅原大吉、56)の門下生である横山由依(24)の3人だけ…。2日以内にあと3人のメンバーを集めることができるのか…。

 一方、白金ジム所属のチャンピオン、「ハリウッドJURINA」こと松井珠理奈(19)は、右足のケガを隠して試合に出場していた。

このニュースのフォト

  • 左から兒玉遥、松井珠理奈、島田晴香/(C)テレビ朝日

ランキング