zakzak

記事詳細

復活6年目!疾走するレーサーの迫力と華麗さに魅了「ガールズケイリン」 全国で競う「100輪超える華」 (1/2ページ)

 2012年7月に48年ぶりに復活した女子レーサーによる競輪『ガールズケイリン』が6年目を迎えた。今では選手数も100人を超え、7月から『L(Lady)級1班』と新たな格付けを設定し、全国各地の競輪場でガールズたちが自らの脚力を武器に戦っている。気になる選手はアイドル系、アスリート系、美人系と百花繚乱…。充実期を迎えたガールズケイリンの魅力に迫った。

 ガールズレーサーは“本家”である男子の競輪に負けない、迫力あるレースを展開している。

 カーボンフレームの色鮮やかな自転車にまたがり、バンクを疾走。自慢の太ももが繰り出すスピードは最高時速60キロ! 華やかさとスピード感あふれるレースをライブで観戦すれば、魅了されてしまうこと請け合いだ。

 注目のガールズを紹介していこう。

 トップバッターは高木真備(まきび、東京106期)。クリッとした瞳がかわいい1番人気のアイドルレーサーだ。レースでは先頭に立って風を切る戦法・先行で戦う。今年は優勝11回と勝負強さを発揮しており、ルックスと実力を備えている。

 「女王」と呼ばれているのが、15年に女子最高峰レースのガールズグランプリを制した小林優香(福岡106期)。ケガによる長期欠場から復帰すると、ガールズケリインフェスティバル2017を優勝して完全復活。パワフルなまくりは一見の価値ありだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう
今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング