zakzak

記事詳細

「サイバーナイフ」で脳腫瘍や体幹のがん退治 日本赤十字社医療センター サイバーナイフセンター長・佐藤健吾さん (1/2ページ)

★日本赤十字社医療センター サイバーナイフセンター長・佐藤健吾さん(62)

 進化を遂げるがん治療。中でも、低侵襲と正確さで話題となることの多いのが「サイバーナイフ」だ。脳腫瘍の治療を目的に開発されたこの装置は、自在に動くロボットアームを用い、全方位から狙った組織に可視光線(エックス線)を当てて腫瘍を無力化する治療法。2008年からは脳腫瘍だけでなく、体幹部の固形がんに対しての照射治療にも健康保険が適用され、がん治療の選択の幅が広がった。

 日本赤十字社医療センターサイバーナイフセンター長を務める佐藤健吾医師は、00年からサイバーナイフに携わってきたこの道のスペシャリスト。特に体幹部のがんに対する治療実績の高さで知られている。

 「1回の照射にかける時間は5秒から20秒。これを100回ほど繰り返す。その時間を微妙に変えることで、病変の周囲の組織へのダメージを小さくすることが可能です」

 その高度な技術は高齢者のがん治療も可能にした。過去に佐藤医師は、94歳の肺がん患者への照射を行った経験を持つ。外科手術はとても不可能な年齢だが、サイバーナイフを受けたその患者は98歳になる今も元気だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

アクセスランキング