zakzak

記事詳細

《zak女の雄叫び お題は「会」》30代女性記者の本音 「出会い」叶えるマッチングアプリの魅力とは (1/2ページ)

 記者の仕事は、男女の出会いが少ない。独特の生活時間や価値観を共有できる同業同士や社内婚が多いのはよく知られているが、とくに30歳を超えた女性記者にとっては、同業以外の男性と結婚を意識できる出会いを果たすのは至難の業だ。20代のうちはなんとか“女の子”を保っていても、昼も夜もない生活でもまれて心も体もたくましくなり、三十路を迎える頃には「合コン?何それ」と冷笑するような、同世代の男性から見て極めて近寄りがたい女になっているケースも少なくない。

 それでも、本音を言えば人並みに異性とのデートも楽しみたいし、いずれは結婚もしたい-。そんな同世代の女性記者の周辺で最近、話題になっているのがマッチングアプリでの婚活だ。結婚相談所などへ行かなくても、フェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の延長のような感覚で、いつでも、気軽に始められるのが最大の魅力だ。

 友人の1人は、2カ月ほど前に奮起してマッチングアプリに登録。4~5人とメッセージのやりとりをし、今月、見事に彼氏をゲットした彼女いわく、「20~30代の女性にとっては、売り手市場。無料で受けられるサービスも多く、利点が大きい」と説明する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング